ブログで稼ぐことはおすすめしない3つの理由と初心者に最適なビジネス

ブログ 稼ぐ おすすめ せどり
この記事を書いている人
川畑 昌弘

僕のことを知らない人はこちらのプロフィールを参考にしてください

借金1000万円の発覚からスタートしたせどり事業
受講者の声

こんにちは、川畑です。

今回は、

「ブログで稼ぐことはおすすめしない3つの理由と初心者に最適なビジネス」

というテーマでお話していきたいと思います。

この記事にたどりついた人は、多くの人が、ブログで稼ぐためにおすすめのサービスや方法について調べて来た人が多いかと思います。

  • グーグル・アドセンス
  • アフィリエイト
  • スキル販売・コンサル

など、ブログで収益を得る手段は多彩に渡ります。

ブログで収益を得ることができれば、最終的にはほぼ放置の状態で収益を生むことができるので、そこに強い憧れを持つ気持ちも非常によく分かります。

僕自身も、ブログで不労所得を得ることを目的にやっていた時期があったので笑

が、夢を壊すようで申し訳ないですが、僕は自身の経験も踏まえてブログで稼ぐことはおすすめしていません。
(これからの時代は尚更です。)

なぜなら、これからの時代、ブログで稼ぐにはあまりにも高いハードルをいくつも乗り越えなければならないからです。

ブログで稼ぐよりも遥かにおすすめなビジネスがあるので、今回はそこも合わせて紹介していきたいと思います。

  • ブログで稼ぐことをおすすめしない3つの理由
  • ブログよりも稼ぐことができるおすすめのビジネスとは?
  • ブログで稼ぐよりもせどりをおすすめする3つの理由

といったことについてお話していきますね。

川畑 昌弘
ブログ以外にも稼ぐ手段はたくさんあります。今回の記事の内容を参考にしてもらって、あなたにとって最適なビジネスを選んでいただけたらと思います。

それでは早速はじめていきましょう!

1.ブログで稼ぐことをおすすめしない3つの理由

なぜブログで稼ぐことを僕はおすすめしていないのか?

その理由は3つあります。

1-1.成果が出るのに非常に時間がかかるから

まずこれですね。

ブログで成果を出すためには、そのブログにアクセスを呼び込む必要があります。

いくら自分が良い商品やスキルを持っていたとしても、それを見られなかったら売りようがないですからね。

そして、ブログにアクセスを呼び込むためには、自分の書いた記事を検索で上位に表示する必要があります。

例えば、あなたが、ブログのアクセスを上げる方法を知りたいとして、

「ブログ アクセスアップ 方法」

と調べたとします。

すると、ブログのアクセスアップの方法が書かれた記事がずらっと表示されます。

あなたは、表示された結果の中から気になったものを見ていくと思いますが、大抵は1ページ目までに表示された記事しか見ないと思います。

なので、ブログにアクセスを集めるためには、書いた記事を検索上位に表示させるための戦略と実践が必要になってくるのです。

しかし、ブログを少しでもやったことがある人なら分かると思います。

どんなに頑張って記事を書いても、最初の段階では記事が上位に表示されず、アクセスがほとんどないという悲しい現実が笑。

一生懸命キーワードをねって、構成もきちんとして、全力で情報収集して、あまり余る時間をすべて使って記事を仕上げる。

…といったことをしても、翌日にアクセスを見ると1桁なんてことは、ブログ業界では常識になっています。

最初の段階ではアクセスが来ない(成果が出ない)のは当然という認識なわけです。

当然のことながら、そんな状態から収益が出る状態にするまでには、非常に時間がかかります。

今でこそ、プロブロガーと呼ばれ、多くのアクセスを集めているブロガーでも例外なく最初の段階ではアクセスはほとんどない状態からのスタートでした。

ブログで成果を出すには、どんなにはやくても半年〜1年はかかると言われています。

最初の段階では、アクセス数はずーっと平面のままで推移していきます。

ブログを始めて4ヶ月のアクセス推移

そして、ある日を堺(これが大体半年から1年)に一気に急上昇して、そこからその急上昇した値を基準にして平面になっていく…ということを繰り返していきます。

実際、僕が今運営しているこのサイトも、今でこそ数多くの人に見られていますが、アクセスが跳ね上がるようになったのは、半年以上たってからのことでした。
(それを知らずに、ブログを立ち上げてわずか3ヶ月で一時期更新をストップしていたので、非常にもったいないことをしました。)

よくネットとかでブログのアクセス数を調べてみると、

「◯ヶ月で◯万PV達成しました!」

と宣伝しているものもありますが、そういった短期間で成果をだしている人は大抵、

  • すでに突出した文章力をもっている
  • Twitterやフェイスブックなどの他の媒体に大量のフォロワーがいてそこから流している
  • 広告を打ってアクセスを流している

といったことが大半です。

なので、もしあなたが今まで文章をほとんど書いたことがない初心者であるならば、成果が出るまで半年以上の時間がかかるのが当たり前だと思って下さい。

1-2.一昔前と比べてライバルが増えて競争が激化しているから

ブログ業界は、一昔前と比べてライバルがものすごく増えてきました。

個人でやる人が増えてきたのはもちろんなのですが、最近では企業もブログ業界に参入するようになってきました。

特に、キーワードによっては、1ページ目に表示される記事が全て企業が監修しているブログになっているというのも珍しくなくなってます。

例えば、「会社 辞めたい」というキーワードで検索すると、1ページ目に表示される記事はすべて企業が監修している記事が表示されます。

企業が監修しているサイトの記事は、

  • 専属のライター
  • その分野の専門家(弁護系の記事なら弁護士が監修しているなど)

が数十名体制で監修して書かれていることがほとんどです。

個人でブログをやっている人が1日で1記事仕上げている間に、企業が監修しているブログには1日10記事以上の投稿されているなんてことも珍しくありません。

もちろん物量だけがすべてではありませんが、一昔前と比べて成果が出にくくなっているのは間違いないと言って良いでしょう。

また最近のブログの傾向として、

「誰が発信しているのか?」

が明確になっているものが、検索上位に来る傾向が強いです。

ネット上にのっている情報には、誤情報が混じっていることもざらにあります。

情報の発信元が明確になっているほうが、記事を上位に表示させる側として安心できますからね。

企業が監修しているブログは、堂々とその企業の名前も出して記事をだしています。

中にはどんな人が監修して、どんな人が書いているのかも顔写真付きでのっているものもあります。

僕も含めて、個人でブログをやっている人は、名前も出さなければ顔も出していない人が大半です。

「どこの誰が書いたのか分からないブログ記事」

と、

「どの企業のどの人が監修した上で書いたブログ記事」

とでは、圧倒的に後者のほうがグーグル的にも信頼されて、記事が上位にあがりやすくなってしまうのです。

といった感じで、一昔前よりもライバル(しかも超強力な)が増えてきており、今後もそういったライバルはさらに増えてきます。

そう考えると、今から0から、しかも個人でブログを始めようとするのはかなり無謀な挑戦と言えるでしょう。
(もちろん、個人のブログでも企業のブログに勝つことはできますが、相当な文章力が必要になってきます。)

1-3.成果が出たとしてもあっという間に収益が0になる可能性があるから

「ブログは一度成果さえ出てしまえば、後はずっと安定して収益がでる!」

とお思いかもしれませんが、残念ながらこれは間違いです。

冒頭でも述べましたが、ブログで出すために必要なのはアクセス数を呼び込むために、記事を上位に表示させる必要があります。

では、仮にあなたの書いた記事が一度でも1位に表示されれば、その記事は未来永劫1位のままなのでしょうか?

…そんなわけないですよね笑

グーグルは、数多くある記事の中から、”現状で”最も上位に表示させるのにふさわしい記事を表示します。

この”現状で”というのが大きなポイントです。

他のライバルがあなたの書いた記事よりも良質なものを書けば、当然のことながら、その記事が上位に表示されるようになります。

それは、ブログのアクセス数が減り、今まで築いてきた収入源が減ることを意味します。

ブログ業界に参入するライバルが増えてきたのであれば尚更です。

ライバルの出現によって、1位になった記事が3位になるくらいならまだいいです。

ブログの恐ろしいところは、1位になっている記事が突然圏外(検索結果にすら表示されなくなる)になって、アクセスが全くこなくなるという現象が起こり得るのです。

グーグルは数ヶ月に一度、検索順位の基準をガラっと変える、「グーグルアップデート」というものを行います。

このグーグルアップデートによって、今まで1位に表示されていた記事が急に圏外にまで下がったという事例がいくつもあります。

これは本当にあった例なのですが、ある健康系の個人ブログを運営していた人が、「腰痛」というキーワードで1位をとっていました。

腰痛というキーワードは非常に多くの需要があり、その人のブログには凄まじい量のアクセスが集まっていました。

そのアクセスを元に数多くのサービスや商品(薬やクリニック)を成約させて、月収でいうと200万円もの収益を生み出していたのです。

…が、突如起こったグーグルアップデートの影響で、健康系のサイトは企業監修のサイトしか上位に表示されなくなってしまいます。

「腰痛」をはじめとした、数多くの健康系キーワードで、アクセスを集めていたその人のサイトのアクセスは激減。

月200万円あった収益が一気に0円になってしまうという事態になってしまったのです。

その人は、そのサイトで成果を出すために、2年以上使える時間もすべて使って、勉強と記事執筆を繰り返してきました。

その2年の死にものぐるいの努力が、たった1回のグーグルアップデートによってすべて吹き飛んでしまったのです。

これは決して他人事ではなく、今後も行われるグーグルアップデートの影響で、収益が0になるリスクをすべてのブロガーが抱えているのです。

このように、例え時間をかけて収益の出るサイトを作ったとしても、突然収入が0になるリスクも踏まえると、僕はブログで稼ぐことはとてもおすすめできないのです。

2.ブログよりも稼ぐことができるおすすめのビジネスとは?

ここまでで、ブログで稼ぐことをおすすめしない理由として、

  • 成果が出るのに非常に時間がかかるから
  • 一昔前と比べてライバルが増えて競争が激化しているから
  • 成果が出たとしてもあっという間に収益が0になる可能性があるから

といったことを伝えました。

もちろん今現在でもブログで稼いでいる人もいますし、これから始めても稼げる人は一定数はいるでしょう。

しかし、少なくとも資金と時間に余裕がなくて、今すぐにでもお金が欲しいという人にはブログをするのは辞めたほうがよいでしょう。 

ここまで聞くと、

「ブログがだめなら、一体なにで稼げばいいんだ…」

という疑問が湧いてくることでしょう。

そんな人に僕がおすすめするビジネスがあります。

それが「せどり」です。

せどりとは、お店のセール品やオークション等で安めに購入した商品を、Amazonやヤフオクといったサイトに高めの値段で出品。

売れた金額と仕入れた金額との差分で収益を得るビジネスです。

例えば、1000円で仕入れた商品を2500円で売ることができれば、その差分の1500円を収益として得ることができます。

10個売ることができれば、それだけで日給1万5千円になるわけです。
(実際は手数料等でもう少し下がりますが)

こういうことを聞くと、

「安く仕入れたものを高く売るなんて、そんな悪いことはできないよ。」

とおもわれるかもしれませんが、これは大きな誤解です。

せどりは僕たちの知らない間にもごく普通に行われているものなのです。

例えば、スーパーで売っている野菜があるとします。

これらの野菜はスーパーで直接作っているのではなく、農家から安めの値段で仕入れて、高めの値段で販売しているのです。

そしてスーパー側は農家から野菜を仕入れるために仲介業者を利用します。

代わりに仕入れてくれる仲介業者に対して、スーパーが報酬を払ってくれる感じですね。

せどりをするということは、スーパーと農家をとりもつ仲介業者になるということです。

なので、せどりは全然悪いことではない(むしろなくてはならないもの)ということは頭に入れてもらえたらと思います。

僕がせどりをおすすめしているのは、せどりがブログの3つの欠点を見事に補完してくれるからです。

次の章で詳しく説明していきます。

3.ブログで稼ぐよりもせどりをおすすめする3つの理由

せどりがブログの3つの欠点をどう補完してくれるのか?

それがブログで稼ぐよりもせどりをおすすめする3つの理由に繋がっていきます。

3-1.成果がでるのが早いから

せどりは、ブログとは対象的に成果が出るのが非常に早いです。

数多くあるビジネスの中でもせどりほど成果が早くでるものはないと言っても良いくらいです。

早ければ、1日で何かしらの成果を出すことができます。

では、なぜせどりがそんなに早く結果を出すことができるのか?

それは、ビジネスの共通課題である「集客」という課題を簡単にクリアしてくれるからです。

冒頭でも少し述べましたが、どんなビジネスにせよ、成果を出すためには、如何に多くのお客様を集めてくるかが重要になってきます。

どれだけ良い商品・サービスを持っていたとしても、それを見られることがなかったら売りようがないからです。

ブログが成果を出すのが遅いのが、人が集まっていない媒体(1から立ち上げたブログ)に対して、記事を書いて人を集める段階からスタートするからです。

人が全くいない商店街に1つだけ店を構えて、一生懸命お客さんを呼び込むような感じですね。

それに対して、せどりはAmazon・ヤフオクといった、すでに人が集まっている媒体に対して商品を出品します。

沢山の人が来る大型スーパー(イオンとか)にたいして、一つのお店を作るような感じです。

前者と後者を比べたときに、どっちがお客さんの目につきやすいかといったら圧倒的に後者です。

すでに人が集まっているところに対して、商品を出すので、その商品によっぽどの魅力がない限りは売ることができるようになります。

ビジネスを始める大半の人が、集客の段階で挫折するのに対して、せどりではその集客を始めた段階でクリアしてくれるわけです。

また、せどりは、

「商品が売れる=収益になる」

ビジネスのため、早ければ1日で成果を出すことができます。

僕自身、中古で仕入れたゲーム機をメルカリで出品したところ、10秒足らずで売れてびっくりしたことがあります笑

せどりは突出したスキルや能力も必要ありません。

商品を仕入れて売るだけで収益が出るので。(ある程度のリサーチ力さえ身につけば大丈夫です。)

ブログでアクセスを集めるための勉強や、人を惹きつけるための文章力を身につける必要もありません。

現状にかかわらず、誰でも最短で成果が出せるビジネスとして、せどりの右に出るものはないと言って良いでしょう。

3-2.ブログと比べるとライバルが驚異になりにくいから

ビジネス 最速

せどりはブログと比べて、ライバル競争に巻き込まれにくいです。

なぜなら、せどりで出品する商品は同じ商品を出品するライバルがいたとしても、平等にお客さんに見られる機会があるからです。

ブログは、その特性上、書いた記事が検索で10位以内に入らなければアクセスを集めることができません。
(まったくないわけではないですが、雀の涙程度です。)

10個しかない限られた椅子を、数多くのライバルと奪い合う椅子取りゲームになっているわけです。
(1位という椅子に関してはたったひとつしかありません。当たり前ですが)

それに加えて、今のブログ業界では企業も参入しており、

  • 専属のライター
  • 専門家の監修

で構成された、非常に完成度の高い記事が毎日のように投稿されています。

ブログを個人でやっている人が1日1記事投稿している間に、企業では10以上の記事が投稿されているということも珍しくありません。

10個しかない限られた椅子を取りに行くのは、かなりの至難な道となっているのです。(初心者なら尚更。)

個人が企業に勝つことは全くできないわけではありませんが、そのためには相当な努力と行動力が必要になってきます。

それに対して、せどりはブログと比べるとライバル競争に巻き込まれにくいという特徴があります。

もちろん、どんな業界にも必ず企業は参入しており、せどりとて例外ではありません。

しかし、せどりは同じ商品を出品するライバルがいたとしても、その商品は数多くの人に平等に見られます。

その商品も見せ方(写真や商品説明)次第では、企業にいくらでも勝つ要素があるのです。

しかも、商品説明は、企業は非常に数多くの商品を扱っている都合上、1つ1つの商品の説明が雑になっているものが多いです。
(ただ単に商品の特徴を説明しているだけなど)

その点、個人でやっている場合は扱っている商品は企業と比べると少なめです。

裏を返せば、その分1つ1つの商品を丁寧に見ることができ、商品説明もその分詳しく書くことができます。

このように、せどりではブログと違って限られた椅子取りゲームにならず、工夫次第ではいくらでも企業に勝てる要素があります。

扱っている商品の数が企業と比べて少なめになるというのも、メリットになり得るのです。

3-3.一度軌道にのれば収入を維持しやすいから

せどりはブログと比べて、一度軌道にのせることができれば、収入を維持しやすいです。

なぜなら、せどりはブログ記事と違っていざという時のための応用が効くからです。

ブログでいういざという時とは、グーグルアップデートなどの影響で上位に来ていた記事が圏外に飛ぶことですね。

大事なことなので何度も言いますが、ビジネスで成果を出す上で最も大事なことは集客です。

どれだけ良い商品をもっていたとしても、お客さんに見られる機会がなかったら売りようがないからです。

せっかくブログで上位に記事を表示させても、何かしらの影響で圏外に飛んでしまったら、それだけで収益は一気に0になってしまいます。

それに比べてせどりは、集客においては、Amazonやヤフオク上で出品しているため人が集まらなくなるというこはまずありえません。

集客においては、常に困ることがないので、商品を販売し続けることができれば収益を維持し続けることができます。

そう聞くと、

「でもせどりでも突然商品が販売できなくなることもあるんでしょ?そうなったら収入0じゃん!」

と思う人がいるかもしれません。

確かにせどりでも、ブログと同じように突然の規制によって販売できなくなる商品も出てきます。
(まあブログと比べたらそこまで頻繁にはきませんが)

そうなると確かに収入が0になるリスクを抱えているかもしれません。

が、前述したように、せどりでは集客の点はすでにクリアしています。

仮に今出品している商品が何かしらの要因で販売できなくなったとしても、新しい商品を見つけることができれば、すぐにでも軌道修正をすることができるのです。

そして、その新しい商品を見つけることはそこまでハードルの高いものではありません。

すでに売れる商品を見つけた経験があるのなら、その商品が売れた要因を見つけてそれを応用すれば良いからです。

例えば、とあるメーカーの食品を取り扱っていたとします。

ある日突然の規制でそのメーカーの食品の販売ができなくなったとします。

その場合は、なぜそのメーカーの食品が売れたのかを分析します。

美味しいのは当然として…

  • その食品のこだわりはなにか?
  • 生産者がどういう理念で作っているのか?
  • どういう素材を使って作っているのか?

といったことを分析していけば、必ず何かしらの共通点をもった商品と巡りあえます。

その商品とめぐり逢えたら、あとはそこに乗り換えるだけです。

圏外に飛んだブログの記事を復活させるよりも遥かにはやく、収益を復活させて維持することができる。

これがせどりの強みなのです。

4.まとめ

今回は、

「ブログで稼ぐことはおすすめしない3つの理由と初心者に最適なビジネス」

というテーマで、

  • ブログで稼ぐことをおすすめしない3つの理由
  • ブログよりも稼ぐことができるおすすめのビジネスとは?
  • ブログで稼ぐよりもせどりをおすすめする3つの理由

についてお話させていただきました。

ブログは一昔前と比べて、成果が出るのに非常に時間がかかる上に、企業も参戦した関係で競争も非常に激しくなってきています。

そして、いざ成果を出すことができたとしても、突然の規約変更によって収益が0になるということも珍しくありません。

もちろん、ブログで稼いでいる人は現在進行系でも稼いでいるし、これから始める人でも稼げる可能性が0というわけではありません。

しかし、一昔前よりもブログで稼ぐのは厳しくなっているのは事実です。

成果が出るまでに多大な時間がかかることを覚悟の上でするのであれば良いです。

が、趣味で日記ブログをするのと違って、ブログで稼ぐためにはその分人を惹きつけるための文章力や勉強も必要になってきます。

少なくとも、今すぐにでも収益がほしいという人にとっては、ブログで稼ぐことはおすすめしません。

それに対して、せどりはブログの欠点をうまい具合に補填してくれています。

すでに人が集まっている媒体に商品を出すので、早ければ1日で成果を出すことができます。

さらに、ブログと比べても企業を含めたライバルに勝てる要素がたくさんあり、いざというときの立て直しも容易です。

ビジネス初心者でかつ、すぐにでも成果を出したいということであれば、せどりほどふさわしいものはないと言って良いでしょう。

せどりで稼ぐための詳しい概要については、

せどりのやり方を3ステップで徹底解説します。

で解説しているので、ぜひとも目を通していただけたらと思います。

それでは今回はここまでになります。

ありがとうございました!