副業におすすめなネットビジネスランキングベスト5

ネットビジネス

こんにちは、川畑です。

今回は、

「副業におすすめなネットビジネスランキングベスト5」

というテーマでお話していきたいと思います。

 

副業と言っても、実に様々なものがあります。

「どれがいいのか、どれが自分に向いているのか分からない!」

という方も多いでしょう。

 

そんな方に私が強くおすすめする副業はネットビジネスです。

というのも、ネットビジネスには副業でリアルビジネスをするよりも遥かに多くのメリットがあるからです。

今回の記事では、ネットビジネスの中でも選りすぐりの5つを紹介します。

川畑 昌弘
なぜ、ネットビジネスがいいのか?どんなネットビジネスがいいのか、ネット副業をする時の注意点も書いているので、ぜひとも参考にしてもらえたらと思います。

それでは早速はじめていきましょう!

1.副業するのにネットビジネスをおすすめする理由

副業 ネットビジネス おすすめ

私は副業には絶対ネットビジネスをおすすめしています。

ネットビジネスを勧めたい理由もありますが、それよりも現在のリアルビジネスには落とし穴がいっぱいなのです。

1-1.リアルビジネスを勧めない3つの理由

リアルビジネスの危険は3つあります。
  1. 身体をすり減らす。
  2. 心をすり減らす
  3. 人間関係が壊れる。

といったものです。

 

そして、大半の副業の人にあてがわれる仕事は次の2つのどちらかです。

  1. 忙しい仕事
  2. 本業の人を雇う余裕がない仕事

1は忙しい仕事のしかも超忙しい時間帯の仕事になります。

わずかな時間にしても、超忙しいピークの2、3時間してもかなり疲弊します。

休日の真昼間の飲食店のような忙しさが常に襲ってくるような感じですね。

最初のうちは大丈夫でも、段々体力気力を奪われ長続きしないのではないでしょうか?だからそんな職場は常に人を探しているのです。

 

2は仕事をしようとしても週に2.3日しか呼ばれません。

人がいないワケじゃなくて、年金暮らしの60代70代の人を複数雇ってローテーションで回しているのです。

年金にちょっと足りないお金がほしい。フルで働くと逆にもらえる年金が減る。

その年代にはちょうどいい仕事量です。

ところが、現役と年金受給者では立場が違います。

必然的に副業の掛け持ちになってしまいます。

なれない仕事を2つ持つのは精神的にも肉体的にもキツいです。

おそかれ早かれ本業に支障をきたすでしょう。

 

また、リアルビジネスのほとんどは、働いた時間に対する報酬が決まっているため、一ヶ月で稼げる金額は大体の検討がついてしまいます。

仮に時給900円の仕事を、毎日3時間やったとしても、1日に稼げる金額はわずか2700円です。

 

1ヶ月やれば、約8万円とそれなりの金額になりますが、それにかかる時間は90時間。

本業と平行して行うにはあまりにも、身体的負担が高く、コスパ的にも良くないと言って良いでしょう。

1-2.ネットビジネスを勧める理由

ネットビジネス おすすめ 理由

私がネットビジネスを勧めるのは先のリアルビジネスの真逆だからです。

  1. 身体をすり減らさない
  2. 心をすり減らさない
  3. 人間関係を壊さない

1.身体をすり減らさない

ネットビジネスは完全在宅でできるので、移動時間もありませんし、隙間時間で作業することができます。

アルバイトとかと違って、◯時から◯時までといった時間指定もないので、自分の好きな時間に作業することができるのです。

特に、家族持ちの人にとっては、別場所で時間指定をされた副業をするのはかなりハードルの高いことです。

本業とも平行して行うことを考えると、その身体的負担はとてつもないものになります。

そう考えると、完全在宅でできるネットビジネスは、副業をする上でこの上ない味方になってくれ、本業に負担をかけずに行うことができます。

2.心をすり減らさない

副業のリアルビジネスで上の立場の人の顔色を伺うと本業に足してまたストレスが重なります。

ネットビジネスは顧客とも顔を合わすことがほぼないので人間関係のストレスが少ないです。
(仕事によってはチャットだけのやり取りですむものもあります。)

本業が暇な時も、副業に精を出せば、副業で本業の収入減を補っているという安心感が生まれます。

 

ネットビジネスの中には、成果が出るまで数ヶ月あるいは数年がかかるビジネスモデルがあります。

大勢の方は成果が上る前にやる気をなくしてしまいます。

なので、副業でやるネットビジネスは即効で成果=売上があるのが理想です。

早めに結果がでると、「なんだかやれそうだな」と思ってどんどん行動するようになるのです。

逆に成果がなかなか現れないものは、先行きが不透明でモチベーションが続かず、挫折するケースが多いのです。

3.人間関係が壊れない

リアルビジネスでは対面で取引をする場面が必ず出てきます。

そこで不快な思いをさせると、その後、関係を修復させるのは困難です。

ネットビジネスの顧客はその商品やサービスが本当に必要な人だけで、無理強いしなくてすみます。

 

主にネット上のやりとりなので接待やアフターサービスも必要ありません。

リアルの本業より、よりビジネスのやりとりに集中でき、煩雑な部分をカットして、ビジネスの加速化ができます。

 

またリアルで何かの組織に所属する形になっても、回りの人から歓迎される仕事場ばかりではありません。

あなたを採用をした人にとってはあなたが必要でも、実際の直属の上司・同僚にとってはあなたは鬱陶しい存在かもしれません。

本業に加え、さらに副業でも人間関係のストレスに悩まされたら2の心をすり減らす要因にもなります。

その点、ネットビジネスは人間関係に悩まないので、より気楽に仕事に集中できます。

2.副業におすすめなネットビジネスの基準3選

副業 おすすめ 基準

とは言え、ネットビジネスの中にも本業に支障をきたしたり、逆にしなければよかったと思うようなリスクがあるのも確かです。

せっかく副業でネットビジネスをするのなら、安全で成果があって、人生が豊かになる副業を選びたいですよね?

そこでまずは、副業におすすめなネットビジネスの基準を大きく4つあげてみます。

1.限りなくリスクがゼロである

副業と言っても、売れるかどうか分からない在庫を抱えていたり、月のノルマを抱えていては早々に破綻しそうです。

それに加えて、副業を始める際に資金が必要になるのも怖いです。

未経験で海のものとも山のものとも分からない仕事にお金をかけるのは危険すぎます。

ネットビジネス、特に初心者は、資本もリスクも少ないもので始めるのが理想です。

2.仕事を始めてすぐお金になる

副業の中にははじめても最初は数ヶ月売上が0に近いジャンルがあります。

ブログやアフィリエイトが代表です。

スタートするのにあまりコストもかからず気軽に始められるのが利点ですが、そのかわり成果が出るまでに相当の作業量をこなして、成果が出るまで耐えることが不可欠です。

 

大半の人がここで成果が出る前に萎えて止めてしまうのが現実のです。

ブログやアフィリエイトは作ったブログやサイトが信用されるまでが気が遠くなるほど時間がかかります。

最低でも半年はかかります。下手したら1年以上たっても収益化しないこともザラです。

信頼度の指標になるPVが一定の量を超えないと売上が発生しないのです。

 

逆に、はじめてすぐに売上が発生する種類の副業もあります。

人が既に売買しているものを売る方法です。

売れているモノを売るのだから、売れ残る危険を回避して安全に売買することができます。

それに、なにより最初から売上が発生するので、「これで稼げる」と手応えを感じられます。

成果があるとやる気が出て、もっと売上を上げるため改善するようにもなります。

はじめての副業なら難易度が低い方が、メンタルにも優しいのです。

3.特定のスキルが不要

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスに登録すれば以外に簡単に仕事が受注できます。

しかし、それはライティングでも文字単価の低いものだったり、パソコンでできる簡単な作業のみだったりします。

しかもやってみると、結構時間を取られ、あまりお金にもならず、残ったのは疲れだけという場合も少なくありません。

 

経験とスキルを積めばある程度稼げるようにはなるのですが、パソコン作業が苦手やキーボードで字を打つのが苦手ではなかなかはかどりません。

しかもそんな安い単価の仕事に限って発注者からのダメ出しが多いのです。

まさに【搾取】レベルです。

こんなレベルの仕事は実は実績にもならないし、スキルの向上にも繋がりません。

 

しかもプログラミングや動画編集など技術の習得が不可欠な仕事はハードルが高すぎます。

スキルを習得するために一定の期間と勉強をするための初期投資が必要になってくるので、それをするくらいだったら、最初からバイトしていたほうが効率が良いということもありえます。

最初の副業には今ある自分のままでできる仕事がおすすめです。

3.副業におすすめのネットビジネスランキング5選

ネットビジネス おすすめ ランキング

第5位アフィリエイト

ブログなどで商品やサービスを紹介し、売上が発生したら、一定の割合の成果報酬をもらう仕事です。

長所

  • ほとんど費用がかからない。
  • 稼げるとものすごく成長する。

短所

  • 開始するにも、成果も上げるのに勉強と積み重ねが必要。
  • なかなか成果につながらない。
  • 相当の知識と根気と試行錯誤が必要になる。

早く稼げている人はIT業界が本業の人がほとんどです。

経験・知識が無くても成功させた人は試行錯誤と勉強を諦めずに続けた人です。

「ネットビジネスと言えばアフィリエイト!」

と言われているくらいですが、僕自身はあまりアフィリエイトはおすすめしていません。

理由は下記記事で詳しく解説しています。

 

第4位 クラウドソーシング

【ランサーズ】【クラウドワークス】などのサイトに登録して、発注されている案件から仕事を取り、仕事を完了したら報酬がもらえるシステムです。

長所

  • 仕事が受注でき完了できたらすぐにお金になる。
  • クラウドソーシングサービスを経由するので、悪質な発注者の仕事を受けにくい。仕事の数が多い。

短所

  • 案件ごとに手数料を取られる。
  • スキルを向上させないといつまでも安い単価の仕事ばかりになる。
  • 経験が少ないとブラック業者に搾取される可能性がある。

一番、簡単なのは文章を書くだけのライティングですが、これさえもIT業界か編集業で文章を扱っていた人が成功しているようです。

クラウドソーシングをやる場合は自分の好きなこと、得意なことからスタートするのがおすすめです。

カメラが好きなら画像提供や画像加工、動画編集など。

クラウドソーシングではプロ級のレベルよりプロに頼むほどでもないレベルの仕事がたくさんあります。

 

クラウドワークで収益を得たいのなら、簡単なレベルから徐々にステップアップするのが大事です。

ココナラやBASEでも同じです。ランサーズやクラウドソーシングで仕事を取ると高いとかココナラだと安いということはありません。

どちらも高い案件安い案件があります。

ただクラウドソーシングだとより企業より、ココナラでは個人どうしのやりとりになります。

どちらが仕事としてやりやすいかはブラック企業もホワイト企業もありますので、見極めが大切です。

第3位 シェアビジネス

自分の所有物・家・自動車・土地・スペースを人にシェアして、レンタル料をもらうビジネスです。

長所

  • 今持っているものを再利用するので、新たな出費がいらない。
  • 自分が使っているモノは他人も必要なので、ニーズがある。
  • もし売上が無くてもリスクがないし、少しでも金になると生活費の削減になる。

短所

シェアするリソースがなければできない。

第2位 ネットオークション

これもオークションサイトに登録するだけなので、手間いらず元手いらずです。

長所

サイト登録するだけですぐにスタートできる。

短所

  • 出品した物に需要がない場合がある。
  • 自宅に出品するものがないと、仕入れないといけない。

第1位 せどり

メルカリ 売り方 コツ まとめ

せどりは、

「安く仕入れた商品を高く売る」

という非常にシンプルな仕組みで収益を得ることができます。

 

せどりは仕入れリスクが生じると思われるかもしれません。

たしかに旧式のせどりでは売れる商品を見極める目利き力が必要でした。

現在はせどりアプリを使って効率よく売れる商品を見つけ出すことができて、誰でもスキルなしで儲けられるようになりました。

僕自身、せどりを始めて半年で月400万円の収益を出すことができました。

その経験を元にして、数多くのコンサル生を指導して、月10万円以上の副収入を得る成果を出させる人をゴロゴロ出すことができました。

何よりも、

  • 初心者
  • ビジネススキルなし
  • 人脈なし

という状態でも、成果を出すことができ将来性も抜群なため、数多くの人におすすめできるものなのです。

せどりについては、下記記事で詳しく解説しているので、ぜひとも参考にしてもらえたらと思います。

 

4.副業におすすめしないネットビジネスとは?

ここまでで、ネットビジネスのメリットや副業におすすめなものを紹介しましたが、副業におすすめしないネットビジネスもありますので紹介していきます。

4-1.情報商材アフィリエイト

自らが発信する情報を提供するのではなくて人の販売する情報商材を紹介して仲介料をとるビジネスです。

おすすめしない理由

情報の出し惜しみが無意味になった

情報商材は何かしらの悩み事やノウハウを欲しがっている人に、たくみなセールスライティングで誘導して、解決策やノウハウを売るビジネスです。

ところが、今や情報発信の時代になり、ほとんどの情報は検索すれば出てきますし、ブログやYouTubeで惜しげもなくノウハウが公開されています。

昔ならば、高額な商材や個別コンサルティングを受けないと知ることができなかった情報が、無料で公開されています。

情報発信者はそれで高いPVや多くの登録者を獲得しブログやYouTubeで収益をあげています。

さらに知名度もあがり、そこからの仕事も発生しています。

情報を秘匿しておいて高額で限られた人に売るというビジネスモデル自体が成り立たなくなっています。

ましてやそれを紹介して仲介料をとっても、ビジネスは成り立たなくなるでしょう。

4-2.株式投資、FX投資

投資はある程度、収入がアップして余剰の資金ができてから始めるべきです。

失うリスクもあるので、損してもいいお金から始めるものです。

投資をするのは、副業で収入がアップしてゆとりができてからにしましょう。

欠点

  • リスクが高い。
  • 少額で投資しても利益も少額なだけ

5. 副業でネットビジネスをする上での注意点

副業を公認している会社はいいのですが、会社で内緒で副業を開始した場合配慮が必要です。

会社に副業がばれるのは税金で所得税ではなく住民税です。

そのための対策として、

  • 確定申告は自分で行う「住民税の徴収方法の選択」を給与からでなく自分で納付する方を選択。
  • たとえ副業で赤字になっても赤字計上しない。
といったことがおすすめされます。

自宅で仕事している場合、自宅の高熱費、通信費などを一定の割合で経費として計上できます。

税金対策とすれば経費を多めに計上して赤字にしておけば税金が安くなりますが、その場合、会社であらかじめ引き落とされた源泉徴収からお金が返ってきますので、その時に副業がばれる危険があります。

決して赤字計上しないようにしてください。

◯マイナンバーは提出しない

マイナンバーは番号の提出をするだけで、全ての申告状況が掴めてしまいます。

会社には提出する時には必須でしょうが、副業で提出義務があった場合は拒否しましょう。

マイナンバーの回収は努力目標で、提出拒否をしても法的な罰則はありません。

6.まとめ

というワケで、今回は

「副業におすすめなネットビジネスランキングベスト5」

というテーマで、

  • 副業するのにネットビジネスをおすすめする理由
  • 副業におすすめなネットビジネスの基準
  • 副業におすすめのネットビジネスランキング
  • 副業におすすめしないネットビジネスとは?
  • 副業でネットビジネスをする上での注意点

についてお話させていただきました。

ネット副業は誰にでも向き不向きがあるので、最初は小さくテストして、適性があるかお試ししながらスタート するのをおすすめします。

たとえば、クラウドソーシングならタスク案件を試してからプロジェクト案件へ……

ヤフオク、メルカリなど、ハードルの低いものから始めて、手応えを感じたら本格的にせどりを始めるなど着実にステップを踏むと失敗がありません。

副業は小さく始めて、ちょっとづつ広げて行きましょう。

それでは今回はここまでになります。

ありがとうございました!