メルカリとラクマを徹底比較!初心者におすすめなフリマアプリは?

メルカリ ラクマ 比較 せどり

こんにちは、川畑です。

今回は、

「メルカリとラクマを徹底比較!初心者におすすめなフリマアプリは?」

というテーマでお話していきます。

 

フリマアプリのなかでも代表的なのが、メルカリとラクマ。

どちらもネット上で簡単に個人間売買ができるフリマアプリです。

スマホで手軽にできる副業やお小遣い稼ぎとして、フリマアプリを使う人も増えてきました。

これまで個人で商品を売るには、PCを使ったヤフオクですることが主でした。

写真の撮影や出品処理等で別々の機械を使う必要があり、商品を出品するまでに一手間かかっていました。

しかし、フリマアプリの登場によって、商品の出品から入金までの処理をスマホ1台で行うことができるようになったのです。

 

そのおかげで、PCを持っていない学生や主婦でも不用品を手軽に処理して、お小遣いを得ることができるようになりました。

実際にフリマアプリで不用品を処分しようと探していると、大体はメルカリかラクマが出てきます。

そんなときに、

 

「メルカリとラクマって何がどう違うの?」

「送料や手数料ってどっちの方がお得なの?」

など、どちらのフリマアプリを使うべきなんだろうと迷ってしまうこともあるでしょう。

 

そこでこの記事では、

  • 売れやすさ
  • 販売手数料
  • 配送サービス
  • 決済サービス
  • 安全性

に注目して、比較検証してみました。

「メルカリ」と「ラクマ」各サービスの違いを徹底比較し、初心者でも売れるおすすめのフリマアプリはどちらなのか解説していきます。

川畑 昌弘
メルカリとラクマ、それぞれのメリットデメリットを知った上で、自分に合ったフリマアプリを選びましょう。

出品数やダウンロード数、口コミ評判なども踏まえながら、「メルカリ」と「ラクマ」どちらの方が使い勝手がいいのか検証したので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速はじめていきましょう!

1.メルカリ・ラクマはこんなサービス

メルカリ ラクマ 違い

一昔前まで、ネット上で個人間売買ができるサービスは、ヤフオクなどのオークションサイトくらいしか選択肢がありませんでした。

しかし今は、スマホの普及により「フリマアプリ」でオークションよりも手軽に売買できるようになっています。

「フリマアプリ」を使えば、スマホで簡単に出品でき、手間をかけずに欲しい人の元に届けることができます。

また、オークションと違って、自分の決めた価格で売ることができるので、

「思った以上に落札がなくて安値で売ることになってしまった・・・」

という自体を防ぐこともできます。

 

そんなフリマアプリでよく比較検討される代表的なアプリが「メルカリ」と「ラクマ」です。

数多くあるフリマアプリのなかでも、この2つのアプリが圧倒的に高い知名度を誇っています。

特に「メルカリ」は、決済方法や配送方法に独自のシステムを導入し、より使いやすいサービスにどんどん改良されています。

また「ラクマ」は楽天が始めたサービスで、楽天経済圏の人や女性からの人気が高いフリマアプリです。

実際に「フリマアプリ」を利用して売買を行う場合、売れやすさや出品方法、手数料などを把握しておく必要があります。

「メルカリ」と「ラクマ」の特徴を押さえて、自分に合った使い勝手のいいフリマアプリサービスを利用しましょう。

2.メルカリ・ラクマのサービス内容を徹底比較!

メルカリ ラクマ サービス内容

ここからは、フリマアプリで人気の「メルカリ」と「ラクマ」のサービス内容を具体的に比較していきます。

2つのサービスにどのような違いがあるのか、その特徴やメリットデメリットについてまとめました。

2-1.メルカリ・ラクマ初心者でも売れやすいフリマアプリはどっち?

メルカリ 売りやすい

「メルカリ」は、日本で7,000万、世界で1億を超える人にダウンロードされています。

10億品以上が出品されており、非常に多くの人が利用している人気のフリマアプリです。

利用者や出品数が多い分、市場規模が大きいのが「メルカリ」の特徴だといえるでしょう。

ユーザー層も10代〜60代まで幅広く、様々な商品が1秒単位でどんどん出品されています。

「メルカリ」は、市場規模が大きいため、「出品して1分もしないうちに売れた」なんてことも珍しくありません。

僕自身、数多くの商品をメルカリで売ってきましたが、中には出品して3秒たらずで売れてしまったこともあります。

とにかく不用品を処分して真っ先にお金を得たい場合は、メルカリで出品してしまえば、大抵の商品を売ることができます。

メルカリで特に売れる商品については、下記記事で詳しく解説しているので、参考にしていただけたらと思います。

 

 

一方「ラクマ」は、日本で1,500万以上の人にダウンロードされています。

メルカリに比べると小規模ではありますが、20代〜40代の女性ユーザーが多く、女性向けのブランドやハンドメイド商品のカテゴリーが充実しているのが特徴です。

「ラクマ」は、売れるまでの早さより、手数料の安さを重視する人に人気となっています。

「Google Play ベスト オブ 2018 ユーザー投票部門 アプリカテゴリ 優秀賞」も獲得しているフリマアプリです。

 

市場規模や出品数から見ると、初心者でも早く売れやすいのは「メルカリ」だといえるでしょう。

「メルカリ」では、24時間以内に売れる確率が50%だと言われています。

さっさと売りさばきたいという人にとっては「メルカリ」の方が便利だと感じるはずです。

ただ、利用者が多い分、ライバルが多いのも事実。

新しい出品がどんどん表示されていくので、24時間経っても売れなければ再出品するなど、こまめに商品を露出していく必要があります。

逆に、売れるスピードよりも、お客さんに商品をじっくり選んでもらいたいと言う人にとっては、「ラクマ」が使いやすいかもしれません。

2-2.メルカリ・ラクマの販売手数料はどっちのフリマアプリがお得?

メルカリ ラクマ 手数料

では、商品が売れた際にかかる販売手数料を比較検証してみましょう。

「メルカリ」の販売手数料が10%なのに対して、「ラクマ」は3.5%となっています。

6.5%も違うのは、かなり大きな差だといえるのではないでしょうか。

例えば、1万円の商品が売れた場合、手数料だけで650円もの差になります。

 

販売手数料に関しては、「ラクマ」の方が低く、お得に利用できるでしょう。

安い商品を出品した場合でも、利益が出るのは嬉しいですよね。

特に安い商品の場合は、手数料に加えて送料もかかってほとんど利益がでないということもありえます。

送料や梱包代という固定費がかかる以上、手数料が安めで済むというのはこの上ないメリットになります。

どちらで出品しても確実に売れそうな人気商品は、「ラクマ」で出品して、手数料を抑えるという手法を使ってみるのもおすすめです。

2-3.メルカリ・ラクマの配送サービスはどっちのフリマアプリが便利?

メルカリ ラクマ 配送サービス

配送サービスに関しては、「メルカリ」の方が安くて便利です。

「メルカリ」では、クロネコヤマトの「らくらくメルカリ便」と日本郵便の「ゆうゆうメルカリ便」があります。

全国一律料金で、通常の宅配料金よりも安くなることがほとんどです。

 

どちらも匿名配送が可能なので、住所を知られたくない人にとって嬉しいサービスです。

出品者にとっても購入者にとってもメリットだといえるでしょう。

ファミリーマートやセブンイレブン、ローソンなど、「メルカリ」は発送に対応しているコンビニが多いのため、非常に便利です。

 

それに対して「ラクマ」も匿名配送サービスを行なっていますが、「かんたんラクマパック(日本郵便)」のみの対応となっています。

そのため、日本郵便と連携している郵便局かローソンからの発送でしか匿名配送ができません。

地域によっては、

「セブンイレブンやファミリーマートは近くにあるけど、ローソンに限ってないし、郵便局も遠い・・・」

という場合もあるでしょう。

その場合は、利便性を考慮してどこのコンビニでも利用できるメルカリを使ったほうが良いでしょう。

 

またラクマでは、同じかんたんラクマパックでも、ヤマト運輸では匿名配送ができないので注意が必要です。

2-4.メルカリ・ラクマ決済サービスが充実してるフリマアプリはどっち?

メルカリ ラクマ 決済サービス

「メルカリ」、「ラクマ」どちらのフリマアプリも独自の決済サービスを展開しています。

「メルカリ」で利用できるのが、「メルペイ」という決済サービスです。

「メルペイ」は、銀行口座と連携でき、自動チャージが可能。

メルカリ内の買い物に利用できるのはもちろん、メルカリの売上金やポイントを、全国対応店舗のコンビニやスーパーでも利用することができます。

登録すればすぐに利用でき、チャージや決済などの手数料は無料となっているため、使い勝手のいいサービスです。

 

一方「ラクマ」は、売上金が1円以上あれば「楽天キャッシュ」にチャージできます。

楽天キャッシュは、楽天のオンライン電子マネーとして、楽天グループのサービスやコンビニで利用できる決済サービスです。

ファミリーマート、ローソンといった主要のコンビニはもちろんのこと、

  • 松屋
  • ポプラ
  • エディオン
  • ジョーシン
  • アオキ
  • ケーズデンキ
  • ピザーラ
  • etc・・・

といった、様々なジャンルのお店で使うことができます。

また、楽天スーパーポイントを使って商品を購入することもできるので、楽天ユーザーにとっても嬉しいシステムとなっています。

特に、日常での買い物で楽天カードを使っていけば、ポイントは自然と溜まっていきます。

気がつけば、ゲームソフト1本を余裕で変えるくらいのポイントが溜まっていくので、お得に(実質タダ)で商品を購入することもできるのです。

2-5.メルカリ・ラクマ安全性やカスタマーサポート対応を比較

メルカリ ラクマ サポート

フリマアプリを利用するなら、「安全に使えるか」、「トラブル対応が早いか」というのも非常に重要なポイントです。

「メルカリ」は、利用者に年齢制限がありません。

利用者のなかには、年齢層の低い学生も数多くいるため、非常識な取引や規約違反などのトラブルを起こす人もいます。

実際にメルカリでおきた事例の記事から見ても、取引する人は慎重に選ぶ必要があります。

 

しかし、「メルカリ」運営のカスタマーサポートは年々厳しくなってきており、トラブル対応が早くなっています。

違反出品はすぐに削除されたり、詐欺出品には返金してもらえたりと安全性が高くなってきました。

初めてフリマアプリを使う場合、トラブル対応が早いと安心できますよね。

「メルカリ」は、何か問題が起きた時もすぐに対応してくれるので安心です。

 

一方「ラクマ」は、18歳未満は登録できないようになっていますが、運営の対応が遅く、カスタマーサポートに関しては評判が悪いです。

違反出品の通報をしても、何も対応してもらえなかったという口コミもありました。

トラブルが起きたら、誰でも対処方法に困ってしまうはずです。

とくに、フリマアプリ初心者は、カスタマーサポートが充実している「メルカリ」の方が安心して利用できるでしょう。

3.メルカリ・ラクマおすすめなのはどっち?

メルカリ ラクマ おすすめ

ここまで、「メルカリ」と「ラクマ」を比較検証してみました。

総合的に考えて、早く利益を出したい人は「メルカリ」を使うのがおすすめです。

ユーザー数が圧倒的に多く、市場規模が大きいため、どんな商品でも売れる可能性が高いからです。

とくに初めてフリマアプリを利用する人は、「メルカリ」を使った方が、利益を出す感覚を掴めるでしょう。

 

「ラクマ」は手数料が安いのがメリットですが、男性ユーザーが少なく、利用する層が少ないため売れにくいです。

女性をターゲットにした、ハンドメイドやブランド品などを出品したいのであれば「ラクマ」を利用するのもありですが、初心者なら、利用者の絶対数が多い「メルカリ」から始めてみるのをおすすめします。

万が一トラブルに巻き込まれた場合でも、「メルカリ」なら、運営側が素早く対応してくれるので安心して利用できます。

売れやすさや匿名配送サービス、サポート対応の早さなどを考慮すると、初心者にはとくに「メルカリ」から試してみるのがいいでしょう。

4.メルカリ・ラクマに同時出品してもいいの?

メルカリ ラクマ 同時出品

「メルカリ」と「ラクマ」に同時出品して、先に売れた方で発送しよう!と考える人もいるかもしれません。

しかし、フリマアプリへの同時出品は、基本的に規約違反となります。

フリマアプリをよく使っていると、

「他フリマアプリでも出品しているので、購入する際はコメントをいただけますと幸いです。」

といった商品コメントを使って、ラクマとメルカリ(もしくはヤフオク)に同時出品している人も中にはいます。

 

このように、やろうと思えば同時出品はできなくもないですが、同時出品は禁止されている行為です。

バレてしまえば、アカウント停止といった厳しい処分になることもあります。

 

ただ、「ラクマ」では、購入前申請というシステムを利用すれば、他サイトへ同時出品することが可能です。

これは、「メルカリ」にはない、「ラクマ」独自のシステムです。

しかし、取引の手間が増える分、売れにくくなるというデメリットもあります。

基本的に、購入前申請をしない方が売れやすいため、購入前申請をしてもメリットが少なく、あまりおすすめしない方法です。

トラブルの原因となるため、同時出品はやめておくのが無難でしょう。

5.まとめ

今回は、

「メルカリとラクマを徹底比較!初心者におすすめなフリマアプリは?」

というテーマで、

  • メルカリ・ラクマはこんなサービス
  • メルカリ・ラクマのサービス内容を徹底比較!
  • メルカリ・ラクマに同時出品してもいいの?

という内容についてお話させていただきました。

フリマアプリを初めて使う人が気になるポイントを、

  • 売れやすさ
  • 販売手数料
  • 配送サービス
  • 決済サービス
  • 安全性

という5つのポイントに絞って、「メルカリ」と「ラクマ」結局どちらを使うべきかを検証しました。

 

各ポイントを踏まえて考慮した結果、初心者なら、「メルカリ」を使って出品してみるべきという結論に至りました。

「メルカリ」は、圧倒的にユーザー数が多いため、どんな商品でも売れやすいフリマアプリです。

すぐに結果を出したいという人は、「メルカリ」で試しに出品してみることをおすすめします。

 

フリマアプリは、スマホで写真を撮るだけで、気軽に出品することができます。

着なくなった服や読み終えた本など、家にある不用品を出品してみたら、思っているより高い値段で売れるかもしれません。

部屋の整理ができる上に、お小遣い稼ぎもできて、一石二鳥です。

メルカリでの稼ぎ方や商品のリサーチ方法については、下記記事で詳しく解説しているので、目を通してみてください。(ラクマでも応用できます。)

 

また、発送する際も、近所のコンビニで簡単に匿名配送サービスを利用できるので、相手に住所がバレたくないという人でも安心して利用できます。

慣れてきたら、「メルカリ」と「ラクマ」を両方使って、利益を最大にするにはどうすればいいかと戦略を考えてみるのもおもしろいかもしれません。

ただし、同時出品などの規約違反はしないように気をつける必要があります。

 

取引する際は、必ずルールを守って行いましょう。

今回ご紹介したメリット・デメリットを踏まえて、自分の目的に合ったフリマアプリを試してみてください。

それでは今回はここまでになります。

ありがとうございました!