せどりのビジネスモデルと初心者が10万円稼ぐための始め方を解説!

せどり ビジネスモデル 始め方 せどり

「せどりとはどういうビジネスなんだろう…」

「せどりの始め方が良くわからない…」

 

上記のような悩みを抱えている方は多いと思います。

特に会社やバイトでしかお金を稼いだことがない人にとっては、何のことか分からないかと思います。

 

僕自身もそうでした。

副業収入0の状態で会社をやめて、どうお金を稼ぐか悩んだ末にせどりに出会いました。

 

はじめは非常に胡散臭くて、本当に稼げるのかどうか怪しんでいたものです笑

 

ですが、調べれば調べるほど、せどりは、

  • やればやるほど結果が出る
  • 初心者でも行動すれば簡単に成果が出せる

というビジネスであることが分かりました。

 

「俺はせどりで稼いで生きていく!」

そう決意した僕は、当時せどりで月商4000万の成果を出しているメンターに教えを乞いました。

 

ビジネス経験0の僕でも、メンターの言うとおりに行動をした結果、みるみるうちに成果がでてきました。

せどりを開始して、半年経つ頃には、月商200万円の成果を出すことができるようになったのです。

 

せどり 月商200万

ビジネス初心者の僕が、せどりでここまでの成果を出すことができたのも、

「せどりがどういうビジネスモデルなのか?」

「せどりをどう始めたらいいのか?」

ということを徹底的に学んだからだと断言できます。

 

恐らくこの記事にたどり着いた方は、「せどりとはどういうビジネスなんだろう…」といった悩みを抱えた方が多いと思います。

泉 こうじ
そんな方の道標になるような記事を書きたくて、今回はせどりというビジネスモデル、せどり初心者が10万円稼ぐための始め方について徹底的に解説していきますね!

それでは早速始めていきましょう!

1.せどりとはどういうビジネスモデルなのか?

せどりとは、個人で商品の売買を行うビジネスになります。

 

流れとしては非常に単純なもので、

  1. 仕入れ
  2. 販売
  3. 発送

以上、3つのステップから成り立ちます。

 

例えば、不用品を中古ショップに売って、お金に変換するという経験は多くの人がしていると思います。

  • 服を買う(仕入れ)
  • しばらく着ていたけど、サイズが合わなくなってきたから中古ショップに売りに行く(販売)
  • 服と引き換えにお金を貰う(発送)

という感じで、多くの人はせどりというビジネスに無自覚に経験しているのです。

 

この誰もが一度はしたことのある行為を、

「安く仕入れた商品を高く売る」

という行為に応用するだけで良いのです。

 

たったこれだけで、せどりで成果を出すことができるようになります。

 

商品の仕入先はネットだけに限っても、ほとんどの人が知らないようなサイトだけでなく、

  • メルカリ
  • Yahooショッピング
  • 楽天市場
  • ヤフオク

といったメジャーなところからでも、バンバン商品を仕入れられるようになります。

※ちなみに僕は上記の4サイトだけで、月商200万円の成果を達成できています。

 

また、仕入れた商品の販売先として、僕はAmazonを使うことをおすすめしています。

 

なぜならAmazonを使うことによって、せどりで1番面倒な作業である「発送」を委任することができるからです。

 

他にもAmazonを使ってせどりをするメリットについては、

【Amazonせどり徹底分析】月商200万を達成するための3つの秘訣

で詳しく解説しているので、別途参考にしてもらえたらと思います。

 

「せどりって商品の目利きスキルがないとできないんじゃないの?」

と思う人がいるかもしれませんが、ご安心ください。

 

確かに昔はせどりは、ある程度の商品の目利きスキルがないとできませんでした。

 

しかし、インターネットが発達した現代では、

「モノレートを始めとした商品の販売実績を確認できるツール」

「Amazonやヤフオク等の優秀な販売プラットフォーム」

の誕生によって、ビジネス経験0の初心者でも成果を出せるようになっています。

 

その点に関しては、ビジネス経験0でいきなりせどりに取り組んで成果を出した僕が証明します笑

 

※モノレートをはじめとしたせどりで使えるツールについては、

【詐欺ツールは消え去れ!】せどりで本当に使えるツールを教えます。

で別途解説しています。

2.せどりの3つのメリット

副業収入0&ビジネス経験0の僕でも月商200万の成果を出せる。

それだけ魅力あふれるビジネスであるせどりのメリットとは何なのか?

 

この章では、そんなせどりのメリットについて改めて述べていきますね。

2-1.せどりのメリット1:すでに完成された集客媒体があるのですぐに成果が出せる

ビジネス 集客

ビジネスで成果を出す上で一番大事な考えは、如何にお客さんに自分の商品を買ってもらえるかです。

お客さんに自分の商品を買ってもらうために大事になってくるのが「集客」です。

 

いくら良い商品を扱っていても、見られることがなければ売れるものも売れませんからね。

 

仮に飲食店を作って収益をあげようとすれば、

  1. 資金がないので、借金してマイナススタートで開業する
  2. 借金して飲食店を開業したものの、お客さんが全然来ない
  3. お客さんに自分のお店を知ってもらうために、ビラを配ったりホームページを作ったりする
  4. 一生懸命ビラ配ったり、ホームページ作った割にはお客さんがあまり来ない
  5. 借金を抱えたまま廃業

と、集客の段階でつまづいて廃業するパターンが非常に多いです。

 

しかし、せどりをしている人にとっては、そんな「集客」の問題に関して悩む必要はありません。

なぜなら、せどりというビジネスはすでに完成された集客媒体を使って商品を販売するからです。

 

例えばあなたが、ネット上でサイトを1から作って自分で商品を売ったとしましょう。

(いわゆるアフィリエイトというやつですね。)

アフィリエイトの経験がある人なら分かると思いますが、1から作ったサイトはほとんどのお客さんの目に止まることがありません。

 

お客さんからしたら、どこの誰が運営しているか分からないようなサイトでしかないですからね。

そんな信用も何もないサイトから、商品を買おうとは思わないはずです。

 

しかし、せどりは仕入れた商品を、

  • Amazon
  • ヤフオク

といった有名な通販サイトの名前を借りて販売することができます。

 

Amazonやヤフオクは、誰もが知っている通販サイトであり、多くの人が利用しているものです。

 

僕の友人の中には、

「Amazonで販売しているから安心して買うことができる。むしろAmazonでしか買わないw」

と言う人がいるほどです。

 

このように、せどりは、

「既に知らない人がいない程有名」

「お客さんから安心して商品を買えるという信頼も得られている」

といったサイトで商品を販売することができるので、初心者でも簡単に成果を出せるのです。

2-2.せどりのメリット2:特別なスキルがなくても成果を出すことができる

繰り返しになりますが、せどりは、

「安く仕入れた商品を高く売る」

ことさえできれば、誰でも稼ぐことができる非常にシンプルなビジネスです。

 

せどりは、ネットサーフィンできる程度のPCスキルさえあれば誰でもできます。

 

実際に売れそうな商品を見つけることができたら、

「Amazonやヤフオクなどのすでに完成されたサイトに商品を出品する」

といったことをするだけで、商品が売れて収益をあげることができるわけです。

 

何ら特別なスキルなんて使ってないですよね。

これが自分のサイトにお客さんを集めて、他人の商品を販売するアフィリエイトだとそうはいきません。

 

アフィリエイトで収益を得るためのステップとしては、

  1. 売りたい商品を選定する
  2. 商品を売っている企業とパートナー契約をする
  3. 自分のメディア(ブログやSNS等)を構築して、商品を売るための記事を書く
  4. 自分のメディアに集まった人が記事を見て商品を買う
  5. 報酬発生後1〜2ヶ月後に振込(商品によっては3ヶ月以上待たされることも)

 

以上、5つのステップを踏む必要があります。

「なんだ。思った以上に簡単そうじゃん!」

と、思った人がいるかもしれませんがとんでもありません。

 

実はアフィリエイトをするためには、とてつもないほどのスキルが必要になってくるんです。

 

アフィリエイトを行って成果を出す上で1番大変なのが、

「自分の作ったサイトに、人を惹きつけられる文章を書く」

ためのライティングスキルになります。

 

例えば、僕の知り合いで酵素ドリンクのアフィリエイトサイトを作っている人がいます。

「17日間で痩せるっ!酵素ダイエット大作戦!」

出典:http://xn--fdkg1my01lpta.com/kouso-kazenaosu.html

実際に見てみたら分かりますが、ものすごく引き付けられる文章を書いていますよね?

アフィリエイトで稼ぐためには、これくらい人を引き付けられる文章を書く必要があります。

 

仮にあなたが今までに文章を書いた経験が、

「学生の頃に書いた読書感想文やレポート」

程度しかないのであれば、アフィリエイトで稼ぐのは厳しいと言わざるを得ません。

 

仮にライティングの修行を一生懸命して、いい文章が書けるようになったとしましょうか。

ただ、それだけのスキルをもっていても、アフィリエイトでは成果が出るのに最低半年はかかります。

(半年はかなり低く見積もった期間です。)

 

全く何の実績もない0の状態で、自分のメディアを育てていく必要がありますからね。

 

先ほど紹介した、酵素ダイエットのサイトを運営している人も、

「2年間サイトを運営してようやく100円の報酬を得られたよ〜」

と言うほどです。

 

それに対して、せどりでは、

  1. 仕入れ
  2. 販売
  3. 発送

の3ステップで収益をあげられる上に、アフィリエイト等と違って特別なスキルも必要ありません。

 

仕入れだけに関して言っても、モノレートという無料サイトを使えば、その商品が、

「いくらで売れるのか?」

「どのくらいの期間で売れるのか?」

という情報を知ることができます。

 

あらかじめ売れると分かっている商品を仕入れて、Amazonといった有名なサイトに出品するだけ。

特別なスキルを要すること無く収益をだせるせどりは、ビジネス初心者にとっても敷居が低いのです。

 

モノレートの使い方については、別途解説記事を用意しているので、参考にしてもらえたらと思います。

→「モノレートの使い方と見方を5分でわかるようにまとめてみた!

2-3.せどりのメリット3:自分の好きな時間を使って稼ぐことができる

自分の好きな時間

基本的に雇われで働いていると、雇われ先の決められた時間内で作業をしなければなりません。

 

また雇われだと、

「1時間働いて800円の収入」

とあらかじめ働いた時間に対する収入が決まっていることが大半です。

 

何時間働いて◯円とわかりきった成果の前に、仕事のモチベを保つことができない人が多いことでしょう。

それに対してせどりでは、自分の好きな時間で数分単位で仕入れをすることができます。

 

  • 会社帰りにふと立ち寄ったお店
  • 帰りの電車の中でスマホで見つけたネットショップ
  • トイレや外食時の待ち時間

 

など、一見何の生産性のない時間の中からでも、収益を発生させることができるわけです。

慣れてくると、利益数千円の商品を数分で2〜3個見つけて仕入れることもできます。

 

実際僕も、起業家仲間と旅行に行っている最中に、合計利益1万円分の商品を仕入れたこともあります笑

(その商品は出品してから1週間足らずで全て売れていきましたね。)

 

このように、自分の好きな時間に作業して、収益を上げることができるのもせどりの魅力になります。

3.せどりの3つのデメリット

ここまでで、せどりというビジネスの3つのメリットについて述べてきました。

 

せどりは、

  • すでに完成された集客媒体があるのですぐに成果が出せる
  • 特別なスキルがなくても成果を出すことができる
  • 自分の好きな時間を使って稼ぐことができる

といったメリットから、ビジネス初心者でも取り組みやすくかつ成果が出やすいものになります。

 

ですが、そんなせどりにもデメリットはあります。

この章では、せどりのデメリットについてお伝えしていきますね。

3-1.せどりのデメリット1:肉体労働から免れない

せどり 肉体労働

せどりの1番のデメリットといっても過言ではありません。

 

前述したアフィリエイトでは、時間こそかかるものの、成果さえ出ればほぼ放置で稼ぐことができます。

自分のサイトに入ってきたお客さんが、別の会社の商品を買うだけなので。

 

それに対して、せどりは、

「安く仕入れた商品を高く売る」

というビジネスモデルのため、商品を仕入れ続けなければ成果は0になります。

 

Amazonを使って販売や発送を委託することができたとしても、

  • 商品のリサーチ
  • 商品の仕入れ
  • 納品

といった作業はどれだけ効率化しても、人の手が必要になっていきます。

 

僕は商品の仕入れは、半自動化できているため、仕入れにはほぼ時間をかけていません。

ですが、それでも商品リサーチや納品は自分の手でやっています。

他人に自分のしている作業を教えるのは並大抵の労力じゃないので。

 

中には、組織化してすべての作業を人にまかせている人もいます。

が、人を雇うということは、その人達をマネジメントする業務が別途発生します。

本業ならともかく、副業感覚で人をマネジメントすることはほぼ不可能と言って良いでしょう。

 

以上の点から、「せどりを行う=ある程度の肉体労働が発生する」ことを覚悟してもらいたいです。

少なくとも、不労所得化することはまず不可能と言って良いでしょう。

 

まあそれを差し置いても、普通に雇われで働くより遥かに効率よく稼げますがw

3-2.せどりのデメリット2:資金がある程度ないと実践できない

せどり 資金 ない

売れる商品を仕入れるということは、その商品を仕入れるためのお金が必要になります。

当たり前の話ですが、その商品を仕入れるためのお金がなければせどりをすることはできません。

 

元手0でスタートできるビジネスではないので、お金をかけたくない人には向いていないと言えるでしょう。

 

まあ、せどりは現金がなくても、クレジットカードさえあればできますけどね。

僕自身、副業収入0で脱サラしたときは、出費が重なっていたため、現金はほぼありませんでした。

それでも、会社を辞める前につくったクレジットカードを使うことで、結果を出すことができました。

 

「クレジットカードを使って商品を知り得ても売れなかったら破産するんじゃ…」

という不安を抱えた方もいるかもしれません。

 

そんな方の疑問には、

せどりでクレジットカード破産を回避する方法とおすすめクレカ5選

で、詳しくお答えしているので参考にしていただけたらと思います。

3-3.せどりのデメリット3:商品が売れないと赤字になる

赤字

せどりは仕入れた商品が売れて、はじめて利益が発生するビジネスです。

裏を返せば、仕入れた商品が売れなければ利益は発生しないということになります。

むしろ、仕入れた商品を買ったお金分の赤字になってしまいます。

 

アフィリエイトはせどりと違って、商品が売れなくても赤字になることはありません。

商品を仕入れているわけではなく、記事にリンクを貼っているだけですからね笑

せいぜいサーバー代がかかるくらいです。

 

特にせどり初心者は、売れると思った商品が売れずに、赤字を抱えてしまうことがよくあります。

 

せどりで仕入れた商品が売れない原因としては、

  • 値段の付け方が間違っている(極端に高いなど)
  • 売れない時期の商品を仕入れている
  • そもそも需要がない商品を仕入れている

など様々ですが、大抵は自分のケアレスミスであることがほとんどです。

 

【1ヶ月で売上166倍!?】せどりで売れないときに役立つ5つの対策法

の記事では、仕入れた商品が売れない場合の対策法について述べています。

 

「せどりで仕入れた商品が売れない…」

と悩んでいる方は別途参考にしてもらえたらと思います。

4.せどりは副業でも実践できるビジネスなのか?

せどり 副業

「せどりは確かに簡単に稼げそうだけど、副業でやるには厳しいビジネスなのかな…」

 

ここまで述べたせどりのメリットとデメリットを見て、こう思った人がいるかもしれません。

結論から言うと全く問題ありません。

僕の知り合いの中でも、せどりを副業で始めて会社の給料以上の収入を得た人がたくさんいます。

 

副業から始めたせどりで収益をあげたことをきっかけに、

  • 会社員生活を続けながら、せどりの収益をプラスして複数の収入源でお金に困らない生活を送る
  • 会社を辞めて、せどりで自分の好きな時間に働いてお金と時間に困らない生活を送る

といった生活を実現していますね。

 

僕のコンサル生の中には、

「1日14時間労働」

という非常に過酷な労働環境にもかかわらず、せどりに挑戦した人もいます。

 

その方は、1日1時間の作業時間で月商100万円の成果をだして、無事に脱サラされました。

せどりを副業でやって脱サラ

僕のコンサル生が、せどりで1日1時間の作業で月商100万円を達成するまでの流れについては、

せどりを副業でやって月商100万円得た具体的な戦略をまとめてみた

の記事で詳しく説明しているので参考にしていただけたらと思います。

5.せどりの始め方を7ステップで簡単に解説!

「せどりが稼げることがよく分かったから実際にやってみたい!」

「でもせどりの始め方がよく分からない…」

という方もいるかも知れませんので、この章では、せどりの始め方を7ステップで徹底解説していきます!

 

この章の内容どおりに実践していくだけでも、せどりで稼ぐための土台を作っていくことができるでしょう。

5-1.せどりの始め方(ステップ1):Amazonのアカウントを作る

冒頭で解説した、せどりで仕入れた商品を販売するために1番最適な媒体であるAmazon。

 

まずは、このAmazonのアカウントを作るところから始めます。

Amazonのアカウントを作るためには、

  • 電話番号(電話認証があるため連絡がとれるもの)
  • メールアドレス(販売状況等の把握のため)
  • クレジットカード or デビットカード(月額料金の支払いのため)
  • 銀行口座(売上金の受け取りのため)

といったものが必要になります。

 

上記の準備ができたら、「Amazon公式ページ」に飛んでください。

すると、下記のような画面が出てくるので、「今すぐ登録する」ボタンをクリックします。

あとは画面の流れに沿って、情報を入力して登録するだけでOKです。

注意点としては、小口出品か大口出品か聞かれるところで、「大口出品」と答えるぐらいです。

 

大口出品として登録することで、月額料金さえ払えばいくらでも商品を売ることができるようになります。

(小口だと1点につき100円+販売手数料を請求されます。)

 

もしあなたがせどりで最大限の利益を出したいなら、大口出品でアカウントを作ることをおすすめします。

5-2.せどりの始め方(ステップ2):せどりをするために必要な道具を用意する

Amazonのアカウントを作ることができたら、せどりをするために必要な道具を用意します。

 

必要な道具は主に、

  • クレジットカード(Amazonの月額料金及び商品の仕入れ代)
  • スマホ
  • インターネットに繋がったパソコン
  • プリンター
  • 梱包・掃除道具
  • バーコードリーダー
  • ラベル用紙

の7点になります。

 

これらの道具がないまま、商品を仕入れても、販売できずに赤字になるので注意してください。

 

各道具の詳細については、

せどりとは何なのか?月商200万円プレーヤーが徹底解説してみた!

で解説しているので参考にしていただけたらと思います。

5-3.せどりの始め方(ステップ3):商品を実際に仕入れる

せどり 仕入れ

Amazonのアカウントを作って、せどりに必要な道具を揃えられたら、いよいよ仕入れです。

 

商品の仕入れの種類としては、

  • ブックオフ等の店舗に直接行って商品を仕入れる「店舗せどり」
  • ヤフオク等のネット上のサイトから商品を仕入れる「電脳せどり」

の2種類があります。

 

どちらの手法にもメリット・デメリットはあるのですが、

「車がなくても仕入れができる」

「地域差に関係なく仕入れができる」

といった観点から、せどり初心者には「電脳せどり」から取り組むことをおすすめしています。

 

一言に電脳せどりと言ってもその仕入先は、

  • ヤフオク
  • メルカリ
  • 大手からマイナーのネットショップ
  • Yahooショッピング
  • 楽天市場

と数多くあります。

ネット上に数多くある仕入先から、どこを選んだらいいか迷うかもしれません。

 

実際に電脳せどりで成果を出した僕の経験上で言うならば、仕入れ先としては、

「ヤフオク」

「メルカリ」

から取り組むことを薦めています。

ヤフオク・メルカリは商品出品数が膨大で、お宝商品も数分単位で出品されていますからね。

 

ヤフオクでの仕入れについては、

【2018年最新版】ヤフオクせどりのリサーチ法・仕入れ品を大公開!

の記事を。

 

メルカリでの仕入れについては、

【2018年最新版】メルカリせどりのリサーチ法・仕入れ品を大公開!

の記事で詳しく解説しているので参考にしていただけたらと思います。

5-4.せどりの始め方(ステップ4):商品を梱包する

商品を仕入れることができたら、次にその商品を梱包していきます。

 

梱包されていない商品を受け取ったら、お客さんからクレームをもらってしまいますからね。

特に中古品は、ちょっとした衝撃で壊れてしまうので、プチプチ等で丁寧に梱包していきます。

 

「梱包作業なんて無駄な作業はしたくない…」

と思う人もいるかもしれませんが、ビジネスをする上では人が相手になってきます。

 

自分の商品を買ってくれたお客さんに不快な思いをさせないように、面倒でも梱包には力を入れるべきですね。

どうしても面倒くさいという方には、僕は新品を仕入れることをおすすめしています。

 

新品ならあらかじめ商品が梱包されていることがほとんどなので、そのままの状態で販売できるので。

5-5.せどりの始め方(ステップ5):出品処理をする

商品の梱包が終わったら、いよいよ出品処理に入ります。

Amazonのアカウントを登録することでログインできる、セラーセントラル画面の在庫を押すと、

せどりの出品

上記のように、

  • 在庫管理
  • FBA在庫管理
  • 在庫健全化ツール
  • 商品登録
  • FBA納品手続き

の欄が出てきます。

 

これらの欄のうち「商品登録」をクリックすることで、商品の出品作業へ進むことができます。

 

詳しい登録手順については、別途ググって貰えばでてくるので省略しますが、大事になってくるのが、

  • 商品の出品価格は適正か?
  • 商品がAmazon出荷になっているか?
  • 商品のコンディションは適切か?

といったことになります。

 

特に商品の出品価格は重要です。

高すぎれば売れませんし、安すぎたら利益どころか赤字になる恐れがありますからね。

 

Amazonという媒体を使うからこそ、その販売機会を逃さないようにしていく必要があります。

5-6.せどりの始め方(ステップ6):Amazonの倉庫へ商品を発送する

商品の出品処理が完了したら、Amazonの倉庫へ商品を発送していきます。

 

発送方法としては、クロネコヤマトといった従来の宅配サービスも良いですが、僕は、

「Amazonパートナーキャリア」

というサービスを使っています。

 

パートナーキャリアを使ってAmazonに商品を送ることで、配送料金がAmazonの売上から自動的に引かれるようになります。

従来の配送サービスだと、料金が前払いになることが大半です。

 

Amazonに商品を送る度に、宅配料金を前払いするのは非常に面倒くさいことです。

そんな面倒くささもパートナーキャリアサービスを使うことで、解消することができるわけですね。

 

またパートナーキャリアサービスは郵便局と連携しているので、集荷を依頼することができます。

郵便局 集荷

 

集荷を使うことで、家から一歩も出ること無くAmazonに商品を送ることができます。

5-7.せどりの始め方(ステップ7):到着されたら後は売れるのを待つのみ!

Amazonに商品を発送したら2〜3日ほどで、

Amazon 納品受領

上記のように、登録したメールアドレス宛に商品の受領案内がきます。

 

そうすると、もう既に出品した商品がAmazonで実際に販売されている状態になります。

ここまできたら後は商品が売れるのを待つのみです。

 

冒頭に説明したとおり、Amazonでは商品の注文・発送処理を自動的にやってくれるので…

Amazon 発送

上記のように、自動的にAmazonの方で発送処理を行ってくれるようになります。

 

せどりでは、扱う商品が多ければ多いほど、発送処理も多くなります。

「面倒な発送処理を全てやってくれるAmazonの存在は本当にありがたい!」

と、1日何通も来る発送処理完了のメールを見て常々思います笑

 

商品が売れて蓄積された売上金は2週間に1回のペースでAmazonから振り込まれていきます。

(振込依頼をすることで1日単位の振込にすることもできます。)

6.せどりのビジネスモデルと始め方についてのまとめ

今回はせどりについて、

  • せどりとはどういうビジネスモデルなのか?
  • せどりの3つのメリット
  • せどりの3つのデメリット
  • せどりは副業でも実践できるビジネスなのか?
  • せどりの始め方を7ステップで簡単に解説!

というテーマでお話させていただきました。

 

せどりは、「安く仕入れた商品を高く売る」だけで収益を得られるビジネスです。

集客媒体もAmazonといった有名なサイトを経由して、販売することができます。

 

ビジネスをしていく上で多くの人が悩むであろう「集客」。

 

その集客もAmazonといったサイトを経由することで解決できるので、

「副業収入0」

「ビジネス経験0」

といったどうしようもない状態の僕でも結果を出すことができました。

 

もちろんせどりにはデメリット(肉体労働から免れない等)もあります。

しかし、全く何のスキルや、実績もない初心者でも成果を出すことができる点からも、僕はビジネス初心者にはせどりをやってもらいたいなと思ってます。

 

是非とも今回の記事の内容を参考にしてもらって、せどりの世界に飛び込んでいただけたらと思います。

 

それでは今回は以上になります。

ありがとうございました!

おすすめ無料教材