せどりコンサルで詐欺られて大損しない方法と最高のメンター探索法

せどり コンサル 詐欺 せどり

「せどりのコンサルって受けたほうが良いのだろうか…」

「せどりのコンサルを受けようと思うけど、どの人から受けたらいいか分からないし詐欺が怖い…」

 

せどりのコンサルについて、上記のような悩みをもった方は多いと思います。

 

僕の経験上から言わせていただくと、せどりのコンサルは、

「受けたほうがいい。しかし学ぶ相手は選ぶべし。」

というのが答えになります。

 

というのもコンサルを受けずに自己流でやると大抵うまくいかないからです。

僕自身、せどり始めたての当初は、お金を払うのがもったいないからと自己流で取り組んでいました。

 

その結果、1ヶ月目の月商は1980円(利益500円)というひどすぎる結果を出してしまいましたw

焦った僕は、当時せどりで月商4000万の成果を出しているメンターにコンサルをしてもらいました。

 

コンサル料は数百万と決して安いものではありませんでしたけどね笑

しかし、メンターの指導を受けてからは、1ヶ月の結果が嘘のようにどんどん成果が出てきました。

 

せどりを開始して半年経つ頃には、月商200万に成果を出せるほどになったのです。

せどり 月商200万

もしも、僕がせどりのコンサルを受けずに自己流で続けていたら…

月商10万すら達成できずに終わっていたでしょうねw

 

そう断言して良いほど、せどりをする上でコンサルを受けることは重要になってきます。

 

一方で、せどりのコンサルを受けたのにも関わらず、

「詐欺にあってしまって全く成果を出せずに終わってしまう人」

「結果自体は出せたけど、全然幸せになっていない人」

がいることが分かりました。

 

この記事を見ているあなたには、

「きちんと結果が出せて、かつ理想のライフスタイルをおくって幸せになれる」

せどりのコンサルを受けてほしいと思っています。

 

そこで今回は、せどりのコンサルを受けようか迷っている、受けているけど結果が出ない人に対して、

  • せどりコンサルの種類
  • せどりコンサルを受ける最適なタイミング
  • せどりコンサルのメンターに選ぶべきでない人の3つの特徴

以上、3点についてお伝えしていこうと思います。

 

泉 こうじ
特に、せどりコンサルのメンターを間違えると、金銭面だけでなく大事なものも多々失うことになります。せどりのコンサルを受けようと思っている人は、この記事を読んでもらって、自分にとっての最高のメンターを見つけ出していただけたらと思います。

それでは早速始めていきましょう!

1.せどりコンサルの種類

一言にコンサルと言っても、その種類には2種類あり、それぞれ特性も違えば料金も違ってきます。

この章では、そんなせどりコンサルの種類、及びどちらのコンサルを受けるべきかをお伝えします。

1-1.せどりの種類その1:マンツーマン型

せどり コンサル マンツーマン

マンツーマン型とは、その名の通り、1人(もしくはそれ以上)のメンターにつきっきりで教えてもらうタイプのコンサルになります。

 

いわば家庭教師のようなものですね。

僕が月商4000万のメンターに教えを乞いたコンサルのタイプも、このマンツーマン型になります。

 

僕がせどりで月商200万の成果を出せたのは、このマンツーマン型のコンサルをうけたからです。

その理由をマンツーマン型のメリットと共にお伝えしていきますね。

1-1-1.マンツーマン型のメリット:メンターと直接話をして教えを乞うことができる

これが1番ですね。

せどりのコンサルを受けるきっかけは、メンターの発信に感銘を受けていることがほとんどです。

 

そんなメンターと直接お話をすることができるだけでも、ものすごくモチベーションがあがります。

もちろんそれだけでなく、不明点や躓いている点を直接相談して答えを貰えるのも大きいです。

 

周りの人がいるから遠慮して質問ができない人でも、1対1なら遠慮なく質問することができます。

(とは言ってもググって分かる範囲の質問をするのは失礼ですけどね笑)

 

なによりも、

「実際に成果を出したメンターが、直接自分のためだけに指導をしてくれる」

という点が非常に大きいですね。

 

メンターの考え方を生の声で聞く。

そして、完全にコピーする勢いで実践することができれば、どんどん成果を出すことができます。

 

また、メンターに気に入られれば、他の成功者や実績者を紹介してもらえることもあります。

その人と仲良くなることで、より人脈が増して行って、自身の能力を引き上げていくこともできます。

1-1-2.マンツーマン型のデメリット:コンサル料が高くなりがちでコンサル期間が短め

メリットがあればデメリットもあるのが世の常。

マンツーマン型はその特性上、コンサル料が高くなりがちです。

 

実際に成果を出しているメンターの時間を直接取ることになりますからね。

マンツーマン型のコンサル料を受けようと思ったら、相場として数十万以上かかると思ってください。

(実際僕自身も、数百万のコンサル料を払ってメンターに教えを乞いてもらいましたし)

 

また、メンターの出すプランにもよりますが、大抵はコンサル期間が短めになっています。

長くても半年くらいです。

 

コンサル期間が過ぎてしまえば、再び自分一人でせどりをし続けなければなりません。

 

あえて悪い言い方をするならば、

「金の切れ目が縁の切れ目」

になってしまうわけです。

(メンターに気に入られればまた違ってきますが。)

 

そういった点からもマンツーマン型のコンサルを受ける際は、

  • コンサル料はせどりの稼ぎで絶対に回収する
  • メンターを超える

くらいの強い気持ちで受けないと厳しいものがあります。

2-2.せどりの種類その2:塾型

せどり コンサル 塾

塾型とは、予備校と同じようなタイプで、数十人のグループで学んでいくコンサルになります。

 

流れとしては、

  1. メンターからあらかじめ用意されたコンテンツ(動画や資料)を受け取る
  2. コンテンツを各自で消化して、準備ができた人からスタートする
  3. 不明点や気付きを受講生が専用グループで発言して解決していく(ない場合もあり)

といった感じになります。

2-1-1.塾型のメリット:コンサル料が安めであり、他の塾生とも交流がもてる

マンツーマン型と比べて塾型のコンサルはコンサル料が安めで済みます。

あらかじめ用意されたコンテンツを消化してもらうだけで、メンターの時間をとらないので。

 

塾型のコンサルの相場は、プランにもよりますが、大体5万〜程になります。

 

マンツーマン型と比べると1割程度の金額で受けることができるので、

「金銭面的には厳しいけど、コンサル自体は受けたいから塾型を受ける!」

という選択肢を取ることができます。

 

また、塾型では、同じコンサルを受講している仲間がいます。

そういった仲間たちと積極的にコンタクトをとることで、切磋琢磨して取り組むこともできます。

2-1-2.塾型のデメリット:基本放置のため成果を出せないまま終わる可能性が高い

塾型はその特性上、メンターと直接コンタクトをとることができません。

用意されたコンテンツを消化して、各々で行動することがほとんどなので。

 

塾型の場合はメンターから直接行動を促されることはなく、基本的に放置です。

「安価で俺のコンテンツで学べるんだからあとは勝手にやってくれ」

というスタイルなので。

 

入れば絶対東大に合格できる塾がないように、塾型のコンサルは受講生の積極性が鍵になってきます。

(厳密にはマンツーマン型もそうなんですが、塾型はそれ以上にです。)

 

また受講料が安いことを良いことに、

「このコンサルなら俺のことを稼がせてくれるだろうw」

と軽い気持ちで入ってしまう人もいます。

 

そういった人は、コンサル料をドブに捨てて終わってしまうことが大半になります。

3.せどりのコンサルはマンツーマン型と塾型どちらを受けたほうがいいのか?

せどり コンサル 迷う

マンツーマン型と塾型。

2つのコンサルを比較すると下記のようになります。

せどりコンサルの比較 マンツーマン型 塾型
コンサル料 高額(数十万〜) 比較的安価(5万〜)
サポート体制 1対1の徹底コンサル 基本放置、たまに報告会を実施するくらい
サポート期間 プランにもよるが短期間 長期間
講師との距離感 近い 遠い
情報の質 高め 低め

この表を見ても、

「結局どっちのタイプのコンサルを受けたらいいんだ!?」

と悩む方が多いと思うので、率直に答えを言います。

 

「多少の無理をしてでも、マンツーマン型のコンサルを受ける」

 

これにつきます。

僕自身、せどりに取り組めて半年で月商200万の成果を出せたのは、マンツーマン型のおかげです。

メンターの言葉を直接聞くことで、そのメンターの考え方を頭の中にインストールできたので。

 

僕に限らず、短期間で多大な成果を出した人はすべからず、マンツーマン型のコンサルを受けています。

 

逆にお金をケチって、塾型のコンサルを申込んだ人は、極々一部の人を除いて稼げずに終わっています。

参考書だけポンと渡されて、カリキュラム通りに勉強させる塾みたいなもんですからね。

 

100歩譲って、

「どうしてもそんな高額なコンサル料は払えそうにない…」

といった方に限っては塾型でも良いとは思います。

 

ただ、塾型のコンサルを受けるのであれば、周りの人のペースは気にせずに一気に突き進むことです。

というのも、同じ状況でコンサルを受けている人の中には、稼げずに呆然としている人もいます。

 

そんな稼いでいない人を見て、

「なーんだ。あいつも稼いでないのかw」

と安心しきって行動しないパターンに陥る人もいるので。

 

そんな醜い傷の舐め合いをしていては、いつまで経っても成果を出すことはできません。

2.せどりのコンサルを受ける最適なタイミング

せどり コンサル タイミング

ここまででせどりのコンサルの種類として、

  • マンツーマン型
  • 塾型

の存在とそれぞれのメリット・デメリットもお伝えしました。

これらのことを知った上で、この章ではせどりのコンサルを受ける最適なタイミングをお伝えします。

 

せどりのコンサルを受ける最適なタイミングとは…

「不用品を売ってせどりをする感覚を身につけてから」

になります。

 

というのも、実際にせどりに近い不用品販売をやってみて、続けていけるか判断してもらいたいのです。

せどりのビジネスモデルと初心者が10万円稼ぐための始め方を解説!

でも説明しているのですが、せどりはその特性上、どうしても作業から免れることができません。

 

せどり特有のデメリットがあることを知らずに、稼げそうだからと闇雲にコンサルを受けても、

「なんか自分には向いてないな…」

と言って、投げ出してしまう人も中にはいます。

 

そうなると、せどりコンサルを受けたお金と時間をドブに捨てることになります。

そんな状況に陥らないためにも、まずは自分がせどりに向いているかを確認してほしいのです。

 

それに、不用品を販売すれば、ある程度の軍資金を確保することもできます。

せどりは商品を仕入れるお金がないと実践できません。

そのせどりの資金を確保するという意味でも不用品販売はおすすめです。

 

不要品販売については、

せどり初心者の未来を左右するせどり初心者が知るべき3事項

で別途解説しているので、参考にしていただけたらと思います。

3.せどりのコンサルを受けて失敗した人の経験談

せどり コンサル 失敗

冒頭で僕は、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一方で、せどりのコンサルを受けたのにも関わらず、

「詐欺にあってしまって全く成果を出せずに終わってしまう人」

「結果自体は出せたけど、全然幸せになっていない人」

がいることが分かりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と書きました。

 

前者はともかく、後者に関してはいまいち理解できない人もいるでしょう。

僕自身もせどりでお金を稼げれば、それで幸せになれると思っていたので。

 

ですが、実際にせどりでお金を稼いだけど幸せになれなかった人のお話を聞けば聞くほど、

「せどりで結果を出す=幸せ」という方程式は成り立たないことに気づきました。

 

もしかしたらこの記事を見ている方の中には、かつての僕と同じように、

「せどりのコンサルを受けて稼げれば幸せな人生が手に入るんだ!」

という思い込みをしている人がいるかもしれません。

 

そこでこの章では、せどりのコンサルを受けて、

「結果自体は出せたけど、全然幸せになっていない人」

の体験談をお話しようと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「お金が欲しい…」

 

誰もが口にするであろう言葉を吐いた男の名はN。

希望を旨に社会に飛び込んでみたものの、そんな希望とは裏腹の現実にNは絶望していた。

 

20年以上学校で勉強して、ようやく叩いた社会の扉。

その扉の向こうにあったのは、理想郷とは程遠いまがい物だった。

 

  • 責任を部下に押し付けるクソ上司
  • 決して使えることのない有給
  • 残業代?なにそれおいしいの?状態
  • つまらなすぎる飲み会

 

そう。Nが入社した会社は超がつくほどのブラック企業だったのだ。

生きていくだけで精一杯な生活にNの精神は日に日に削られていく。

 

「このままでは将来が不安だ。どうにかしてお金を稼いで脱サラできないだろうか…」

途方にくれたNはお金稼ぎの方法について調べていった。

 

すると…

「せどりで月商◯千万円稼いだ男のブログ」

というものが出てきた。

 

「月商◯千万って絶対に嘘だろw詐欺乙www」

 

最初はそう疑っていたが、記事を見てみると、せどりで稼げる情報がたくさんのっている。

ブログの著者もかつてはNと同じ状況で、薄給に苦しんでいたと書いているではないか。

 

その人の信念は、

  • これからAIや外国人労働者の影響で仕事はどんどんなくなってくる
  • 雇われでしかお金を稼げなければ一生安月給でこき使われることになる
  • 本当の幸せは自由な時間とお金があってこそ実現できるものだ
  • だから自分の力で稼ぐ力を身に着けて雇われることのない生活をおくろうじゃないか

というものだった。

 

Nはブログ著者の稼いだ実績と信念に心を打たれた。

「この人の言うとおりに行動すれば必ず成果を出せるはず!」

すっかりブログ著者の信者となったNは、ローンで借りたお金を使って、その人のマンツーマンコンサルを受けることにした。

 

マンツーマンコンサルの効果は絶大で、半年経つ頃には会社の給料も軽く超えるようになった。

もう雇われで働くことがなくても十分に暮らしていけるほどに。

 

「こんなクソ会社辞めてやるわw」

彼はクソ上司に辞表を叩きつけて、念願の脱サラを果たした。

せどりで脱サラ

 

脱サラした後の生活は実に結意義なものだった。

 

  • 好きな時間に起きて、好きな時間に寝る。
  • 自由気ままに旅行に行って1人旅を楽しむ。
  • 朝から晩までゲームやドラマ鑑賞に時間を費やす。

といった脱サラしたら達成したいことリストに書いてたことをひたすらやった。

 

「なんて充実して幸せな日々なんだ…。あのときせどりのことを知って本当によかった〜」

当初の夢を実現したNは心の底からそう思っていた。

 

…最初の1ヶ月間は。

 

雇われることなく自由気ままな生活を送る。

これはいわば、部活も宿題もない無期限の夏休みを送っているようなものだ。

 

元々友達がいない彼は脱サラをしたことで、人と接することがほとんどなくなってしまった。

誰ともしゃべることなく、ただひたすら暇つぶしの手段を探す。

 

Nは世間一般でいう廃人になっていたのだ。

 

家から出ることなく、ただひたすら時間がすぎるのを待つN。

 

ふと外を見てみると、小さな子どもを抱きかかえた夫婦が談笑しながら歩いている。

 

「お金さえ稼げれば幸せになれると思ったのに…こんなはずではなかった…」

Nは談笑して歩いている夫婦を見てこう思うのであった。

 

おわり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、かなり暗い話になってしまいましたがいかがだったでしょうか?

 

今回の話は決して他人事ではなく、誰にでも起こり得ることです。

Nさんは確かに、当初の目的だったお金稼ぎを達成して脱サラしました。

 

しかし、Nさんの場合は脱サラした後にやりたいことが明確にはなっていませんでした。

 

Nさんのメンター自身が、

「月収◯◯万円稼いで、脱サラをして優雅な生活を送りましょう!」 

と脱サラ後の生活について、曖昧なことしか言ってなかったですからね。

 

もしもあなたが、

「せどりコンサルを受けてお金を稼いだら脱サラ。その後は優雅な生活をおくろう!」

というシナリオを描いていたとしたら、ほぼ確実にNさんのような末路を辿ると思ってください。

(Nさんは、その後本当にやりたい仕事を見つけて忙しながらも充実した生活を送っています。)

 

実際僕自身も、せどりで月商200万の成果を出した後は廃人同然の生活を送っていました。

元々会社の生活に嫌気がさして辞めただけなので、稼いだ後にすることを明確にしてなかったのです。

 

宿題も部活もない無期限の夏休み…

今思い出しただけでも灰のような生活でしたねw

 

この記事を読んでいる人は、とりあえずお金が欲しいという思いをもっている人もいるかと思います。

 

しかし、Nさんや僕の経験上言わせていただきますが、

「お金を稼ぐことが幸せに直結するわけではない」

ということを頭に叩き込んだ上で、せどりのコンサルを受けてほしいと思っています。

 

お金自体はただの紙切れでしかないですからね。

その紙切れで何をするのかを明確にしないといけないんです。

(少なくとも消費だけに使おうと思ってもすぐに飽きがきます。)

 

本当の幸せについては、こちらの記事に書いてることがすごく参考になります。

4.せどりコンサルのメンターに選ぶべきでない人の3つの特徴

せどり コンサル 詐欺

前の章では、「せどりのコンサルを受けて失敗した人の経験談」の話をしました。

せどりで結果を出すためには、コンサルを受けるのが1番手っ取り早いです。

 

それは揺るぎない事実なのですが、そのコンサルをしてくれるメンターを選び間違えると、

  • 結果が出ずに終わってしまう
  • 結果は出るけど、全く幸せになれない

という末路をたどってしまいます。

 

中には自分だけが儲かればいいと考える詐欺まがいな人もいますからね。

 

こういうことを書くと、

「じゃあいったい、どんな人からせどりのコンサルを受けたらいいんだ…」

と悩む人もいるかと思います。

 

そこでこの章では、せどりコンサルのメンターに選ぶべきでない人の3つの特徴について述べます。

裏を返せば、これらの特徴に当てはまってない人はせどりコンサルのメンターとしては最適です。

 

なので、反面教師のような感じで参考にしてもらえたらと思います。

4-1.せどりコンサルのメンターに選ぶべきでない人の特徴1:やたらと高い実績”だけ”をアピールしている人

せどり 実績

せどり系のブログを見ているとよく、

「せどりで月商◯◯千万円稼ぎました!」

「コンサルで◯◯万円稼ぎました!」

といったやたらと高い実績をアピールしているものがあります。(特に有名な人ほど)

 

そういった人たちの実績を見て、

「すげ〜!よし俺もこの人にコンサルしてもらって、◯◯千万円稼いでみせるぞ!」

みたいなことを考えている人がいるかもしれませんが辞めたほうが良いです。

 

Nさんや僕と同じ運命を辿りますよ笑

 

だってそういう実績だけをアピールする人って、稼いだあとの生き方とかまず言わないですからね。

そもそもの話なんですが、雇われずに暮らすお金なんて手取りで30万もあれば十分です。

 

仮に月収数千万稼いだところで、何に使うんですかって話です。

与◯翼みたいなネオヒルズ系ですか?

長続きしませんよあんなもの。

(そもそもの話、せどりは組織化しない限りは月商数百万止まりで終わりますし。)

 

〇〇万円稼いだという実績(権威性)を振りかざせば、多くの情報弱者がその人に群がります。

その群がってきた情報弱者に対して、自分のコンサルを売りつけることで儲かるわけです。

 

多くの人が群がるとマンツーマンで指導するのは不可能なため、「塾型」のコンサルになります。

ひどい人だと、マニュアルと動画だけ渡しておしまいなんて人もいます。

返金保証なしで解約も受けつけないので、その人は「コンサルが売れる=利益確定」の状況になるのです。

 

果たして、そんな月収数千万稼いだという実績”だけ”にあこがれてその人のコンサルを受けたところで、結果が出せるでしょうか?

少なくともせどり初心者時代の僕だったら、100%無理だったと断言できますね。

 

仮に人並みならぬ努力をして結果を出したとしても、メンターが、

「せどりでとにかく稼ぎましょう!そうすれば幸せになれるんで。」

みたいな発信をしていたら、自分もその人の考えに染まってしまいます。

 

暮らすだけなら30万もあれば十分なのに、ただひたすら上の売上を目指そうとしてしまう…

他のライバル達に負けないようにただひたすらせどりに専念する。

といった当初の目的からずれた生き方をしてしまうわけです。

 

大事なのは、せどりでお金を稼いだ先の未来や理念を提示している人を見つけることです。

 

例えば、

  1. すごく美味しい果物を作っている農家がいるんだけど、経営が厳しくなってきている。
  2. 本当に美味しい果物が消えて、農薬まみれの果物がまみれるのは私には耐えられません。
  3. だから私は即金性の高いせどりで稼いだお金で、その農家の人たちの経営を助けていきたいのです。
  4. あなたも、本当に美味しい果物をより多くの人に食べてもらうために、せどりをやってみませんか?

という発信をしている人がいたらどうでしょうか?

 

少なくとも、

「月収◯◯万円稼いで、脱サラをして優雅な生活を送りましょう!」

みたいなことを言ってる人よりも魅力的に見えるのではないでしょうか?

(実際に寄付をするかどうかは別として)

 

このようにただたんに「稼ぎましょう!」という人ではなく、

「せどりで稼ぐことによって訪れる未来、理想のライフスタイルや信念」

を発信している人はコンサルにおいても丁寧に指導してくれることが多いです。

 

その人の考え方や理想像が自分にとって共感できるものなのか?

という視点でメンターを探して貰えたらと思います。

4-2.せどりコンサルのメンターに選ぶべきでない人の特徴2:ノウハウ系の発信しかしていない人

せどり ノウハウ

せどりのコンサルを行っている人のブログを見つけたら、

「ノウハウ系の記事しか投稿していないか」

ということをチェックしてみてください。

ノウハウ系というと、仕入れといったせどりをする上で役立つ記事ですね。

 

別にノウハウ系の記事が悪いと言ってるわけではないですよ。

即金性の高いノウハウ系の記事を実際に読んで仕入れをしてもらうことで、

「せどりってこんなに楽に儲かるのか!」

とか、

「自分はせどりに向いてそうにないな…」

といった感覚を掴んでもらうこともできるので。

 

実際、当ブログでも下記のようなノウハウ記事を書いていますしね。

【2018年最新版】メルカリせどりのリサーチ法・仕入れ品を大公開!

 

ただ、ノウハウ系の記事って誰が解説しても同じになりがちです。

僕のようにせどりの情報を発信しているようなブログは星の数ほどあります。

 

せどりのノウハウに関しても、調べていけばどのブログでも同じようなことが書いてあります。

そうなると、より詳しくて分かりやすい情報がのっているブログのところに人は流れていきます。

 

その人のブログじゃないといけない理由がなくなるわけですね。

(まあ、僕はどのブログよりもノウハウ系のことを詳しく書いているつもりですが。)

 

これは先程の、やたらと高い実績”だけ”をアピールしている人を選んではいけない点とも関連しますね。

 

せどりのコンサルを受けるのであれば、

「こんなに役にたつノウハウを発信しているのなら、きっと俺も稼がせてくれるはず!」

といった表面的な考えではなく、

「この人の考えや理念が面白い!この人じゃないとだめなんだ!」

という強い思いをもって受けていただきたいですね。

4-3.せどりコンサルのメンターに選ぶべきでない人の特徴3:楽で片手間で稼げると言う人

せどり 楽 片手間

「せどりは誰でも実践できて、楽で片手間で儲けることができます!」

 

なんて甘い言葉を使ってコンサルに誘導する人がいますが、これは大嘘です。

 

僕自身せどりに関しては、

【初心者必見!】せどりのやり方を3ステップで徹底解説!

で「簡単」であるとは言っています。

 

ですが、決して「楽」で「片手間」で稼げるとは一言も言っていません。

 

だって冷静に考えてみてください。

通常、会社に入って就職してお給料を貰うまでには、

  1. 小中高の学校に一生懸命受験勉強をして行く
  2. 学校でカリキュラムをこなしていく
  3. 倍率の高い就職活動を生き抜く

この長いステップを踏む必要がありますよね?

 

それだけのステップを踏んで、ようやく20万程度の月収が得られるんです。

 

そこまで苦労して得られるほどのお金を、

「始めたてのせどりで片手間で楽に儲けられる!」わけないでしょという話です。

 

僕も今でこそ、1日1時間前後の作業で月商200万の成果を出すことができました。

しかし、そこに至るまでの過程は非常につらいものでしたし、何度も挫けそうになりました。

 

それでも諦めること無く、半年間頑張ったからこそ今の自分がいるんです。

せどりに限らずどのようなビジネスにも、デメリットや行っていく上でつらいことはあります。

 

そんな都合の悪いことをひた隠して、

「せどりは誰でも実践できて、楽で片手間で儲けることができます!」

なんて甘い言葉で誘惑してくるような輩のコンサルは絶対に受けてはいけません。

 

貴重なお金と時間を無駄に浪費して、クソコンサルタントの財布を潤すだけで終わってしまいます。

5.せどりコンサルについてのまとめ

今回は、せどりコンサルについて、

  • せどりコンサルの種類
  • せどりコンサルを受ける最適なタイミング
  • せどりコンサルのメンターに選ぶべきでない人の3つの特徴

以上3点についてお伝えさせていただきました。

 

せどりのコンサル自体は、僕自身も受けて結果を出してきたので、受けたほうが良いと断言します。

自己流でやっても遠回りになることが大半ですからね。

すでに実績の出ている人の考えを真似して、実践したほうがはるかに早く結果がでます。

(あくまで真似するのは考え方であって、商品自体はパクっちゃだめですよ!)

 

コンサルの種類には、

  • マンツーマン型
  • 塾型

の2つがありますが、多少の無理をしてでもマンツーマン型のコンサルを受けることをおすすめします。

 

なぜなら、メンターに直接教えをいただくことで、その人の考え方もインストールできるからです。

コンサル料こそ高めですが、本気でやればすぐに代金も回収できるほどの力を付けられます。

 

かといって、コンサルする人はなんでもいいのかと言ったらそうではありません。

むしろ、どの人にコンサルしてもらうかというのは非常に重要になってきます。

 

もしも、せどりのコンサルを募集している人が、

「月収◯◯万円稼いで、脱サラをして優雅な生活を送りましょう!」 

なんて言ってきているのであれば、絶対にその人をメンターに選んではいけません。

 

Nさんや僕のように、稼いだ後にやることが定まらずに廃人のような生活をおくることになります笑

お金自体はタダの紙切れに過ぎず、稼ぐ=幸せに結びつくというわけではありません。

 

「せどりで稼いだ後はどうするのか?」

といったライフスタイルや、発信者自身の理念に共感できる人のコンサルを受けたほうが良いですね。

コンサルを受ける側とする側が、同じ方向を向いて共に歩めるので有意義なコンサルになりやすいです。

 

「どうしてもせどりのコンサルをしてくれる理想の人が見つかりそうにない…」

という方は思い切って、コンサルをしている人に片っ端からメールを送ってみるのも手です。

 

  • 今の自分の現状
  • 抱えている悩み
  • 今後どのようにして生きていきたいか

 

といったことを赤裸々に書いて、その人の返信の質を見てみるのです。

超適当な人だと1行の返信で終わることもありますから笑

 

逆に、こちらの問い合わせに対して、すごい丁寧に返信してくれる人だったらチャンスです。

すでに向こうもこちらの事情も知っている状態なので、最適なコンサルを受けやすくなります。

(問い合わせをしただけで気に入られて無料でコンサルしてもらえるなんてことも…)

 

是非とも今回の記事の内容を参考にしてもらって、あなたにとって最高のメンターを見つけていただけたらと思います。

 

それでは今回は以上になります。

ありがとうございました!